【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


【Majiニュース】ユベントスを戦力外となるボヌッチ、ドイツのウニオン・ベルリンと接触か!すでにポジティブな話し合いが…



 

 

 

 

【JuveFC.com】

夏の移籍市場閉幕まであと2週間余りとなっており、レオナルド・ボヌッチは新たな所属チームを見つけようと必死になっています。

もう誰もが知っているように、ユベントスは高齢のディフェンダーからキャプテンマークをはがし、チームから追放することを決定しました。

36歳の彼はビアンコネリとの契約がまだ1年残っていますが、マックス・アッレグリ監督は彼に頼るつもりはないため、ボヌッチは1シーズンを通してベンチで過ごす可能性があります。

イタリア人ジャーナリストのジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によると、ボヌッチはウニオン・ベルリンに向かう可能性があるということです。

移籍市場の専門家が明らかにしたように、元バーリとミランのディフェンダーは現在、ブンデスリーガのクラブと接触しています。

ボヌッチはすでにドイツの首都への移籍に意欲を示しており、両者はポジティブな接触があったと伝えられています。

ボヌッチは2010年に初めてユベントスに加入し、7シーズンを過ごした後、2017年にミランへ衝撃的な移籍を果たしました。

このセンターバックは1年後、トリノへセンセーショナルな復帰劇を披露しています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

一部では「ボヌッチはフィオレンティーナとも接触している」と伝えられており、移籍期限まで2週間となったいま、ぼちぼちと坊主の周りが騒がしくなって来ています。

まぁ、もともと賑やかな男ではあるのですが。

編集長の個人的な想いをお伝えするならば、「石にかじり付いてでもユベントスに残って欲しい」ですが、ユーロ2024出場を目指す坊主としては、プレータイムが必要なのは間違いなく、その気持ちは編集長も理解しております。

恐らく最後の最後までドタバタ劇は続くと思いますが、カルチョメルカートとアッレグリの采配は何が起こるかは誰も分からず。

引き続き、坊主の動向に注目したいと思います。