【更なる大物の名前が。その名もエクトル・ベジェリン!】最近のユベントスまとめ(2019年6月28日号)

最近のユベントスまとめ(2019年6月28日号)

[TuttoSport]ユベントスはカンセロが抜けた右サイドバックに、アーセナルのベジェリンの名前をリストアップした。

 

「やばいよ、やばいよ」って言う出川哲朗の声が聞こえてきそうだけど、こんな大物の名前が届けばそんな声が挙がってもおかしくない。プレーは「直進モーレツタイプ」でそんなに期待できないし、はっきし言って「それならカンセロでいいじゃん」って感じなんだけど、それより何よりベジェリンと言えばその‘’圧倒的なファッションセンス‘’で絶賛世界のフットボール界を牽引中。インスタ見てもらえれば全て分かる、いや小田和正に言わせれば『言葉はいらない』。こんな大物が来たら、月ユベ的には「あなたに会えて 本当に良かった 嬉しくて嬉しくて 言葉にできない」ですわ。

 


 

[Romeo Agresti]ユベントスはクアドラードとの契約を2021年まで延長する見込みだ。

[Corriere Torino]適正なオファーが届けばクアドラードはチームを去ることになる。選手にはローマの他にプレミアのウエスト・ハムが興味を示している。

 

[RomeoAgresti]4年の時をトリノで過ごした後、ケディラはチームを去る事になるだろう。

 

[RomeoAgresti]ラビオのユベントス加入はもはや決定的である。契約は5年/年俸700万ユーロで、7月1日以降に正式発表となる。

 

[SKY]ブッフォンはスチェスニーの控えとしてユベントスに戻る事になる。ペリンはローマかセビージャへの移籍が濃厚だ。

[RomeoAgresti]ブッフォンはパラティッチと良好な関係を続けており、1年契約でユベントスに戻る事になるだろう。選手は再度チャンピオンズ・リーグ制覇にチャレンジする事になり、そしてチームではリーダーシップを発揮する事を求められる。

 

[Corriere Torino]ドウグラス・コスタがサッリにとって重要な選手である事は間違いないが、不本意なシーズンを送った選手の将来はチーム幹部の判断に委ねられる。

 

[Corriere Torino]ユベントスはイスコ獲得レースに戻った。

 

[Gazzetta]イタリアスーパーカップは今シーズン同様に、12月にサウジアラビアで開催される事になる。

 

[TMW]ユベントスはエンポリからレンタル中のマルコ・オリビエリ(19)を完全移籍で獲得するだろう。選手は今シーズンU23のカテゴリで25試合に出場した。

 

[MundoDeportivo]バハマで休暇中のデ・リフトど出会わせたバルセロナのピケは、アヤックスのキャプテンに対してバルセロナへ来るように話をした。

 

[DonBalon]ユベントスは135億円の移籍金を用意して、スペインの白い巨人と繰り広げているポグバ獲得レースを制しようとしている。

 

[Fabrizio Romano]ジョアン・フェリックスのアトレティコ移籍が完了した。移籍金は126億円。

 

[トニ・クロース]‘’昨シーズン、ロナウドがチームを離れる事になったが、彼のような選手を失い落胆しない人間はいないだろう。しかし、この移籍は双方にとってハッピーだったに違いない。ロナウドは新たなチャレンジをする事になり、そしてレアル・マドリーは多額のキャッシュを手にする事になったからだ。‘’

 

 

[デ・リフト関連]

(Mediaset)パラティッチとライオラの間での話はすでにまとまっている。年俸は750万ユーロ+450万ユーロのボーナスとなるが、そのボーナスが設定されるハードルは容易いものであり、実質的には1200万ユーロと言えるだろう。本日、ライオラはアヤックスに話を持ち掛ける。
(Di Marzio)ユベントスはデ・リフトと合意した。年俸は1200万ユーロ(800万+ボーナス400万ユーロ)で移籍金は7500万ユーロとなる。
(Romeo Agresti)ユベントスとデ・リフトとの合意は間もなく発表される。すでに選手とアヤックスからはポジティブな返答が届いている。年俸は1200万ユーロで移籍金は7000万ユーロの見込みだ。

 

 

まとめ

・クアドラマンは当落線上だな。確かに31歳と言う年齢を考えると、高く売れる最後のハンター・チャンス!って感じもするけど、とは言えユーべには少ないウィングタイプって事で残して欲しい気もある。ただ、薄らハゲ変態策士がいなくなり、バニシングスプレーの出番が無くなった事も影響しそうだ。山Pは坊主で吹きかけ甲斐ないしな。。。・「ラビオのユーべ移籍は決定的」とは言われているものの、公式に発表されないとなんともムズムズするのはユベンティーニの性なのか、はたまたラビオの影にママラビオの姿が見え隠れするからなのか。よし、ラビオのユーべ移籍が決定したら、ママラビオの愛称は「野村ラビ代」にしよう。・松野さんの加入に関しては「編集長室」でもちょいと意見を書きました。ファンだからこそ手放しに喜べない部分もあって、でも今のチームにあのリーダーシップは必要って言うのも分かっていて、とは言えコブタニーの気持ち的なものも汲み取らなくちゃいけない部分もあって、最終的には「山下がどうするか」って事なんですけどね。・イタリア・スーパーカップは今年も12月にサウジアラビアで開催するんだって。もう、名称も「サウジアラビア・スーパーカップ」にでもしたらいいじゃない。人間だもの。・デ・リフトの話題もそろそろ収束してくれんと、みんなも身体が持たないだろ。毎朝毎朝、起きてすぐに公式ツイッターをチェックする方の身にもなってくれ。って優香、ここまで来て「プイっ」ってされたらさすがの編集長も暴れるくんになるからな。

 

 

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑愛称説明逆引き選手名鑑)