Gazzetta「監督と選手の間には、攻撃面について深い溝が生じている。」



 

【Gazzetta dello Sport】

アッレグリの将来は不確実です。

監督と選手の間の溝は深まっています。現在のチームの中に、アッレグリのスタイルが攻撃面で不利だと考える選手が多数いますが、監督は攻撃的にするには選手に質が足りないと考えています。

経営陣はアッレグリの将来を決定する際に、これらを反映しようとしています。

 

両者の言い分は分かります。

選手の言い分を聞くならば攻撃時のスタイルが確立されていませんし、ヒロシの言い分を聞くならばピコ太郎とカイジを欠いた中で、当初イメージしていた攻撃の形を作れていないかもしれません。

 

何にしても決定打となったのは3つ。

 

 

  1. 後方からのミドルパスを供給する坊主が流された。
  2. 両ワイドで起点とならないユッティが長期離脱を強いられた。
  3. シャドーで使われたキー坊が被ったままにシーズン後半を迎えた。

 

 

 

 

しゃーないです。

 

mini NEWS

Posted by 編集長ミツ