【トリノの車窓から~特別編】デル・ピエーロがディバラに掛けた言葉とは?

【トリノの車窓から~特別編】デル・ピエーロがディバラに掛けた言葉とは?

 

ユベントスを代表する新旧の背番号10が対面!

その時、何が話し合われたのか。ここに明らかになる!

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(2019-20 選手名鑑/愛称版簡易版

 

デル・ピエーロ:「ディバラ、今こそ君に話したい事があるんだ」

 

 

デル・ピエーロ:「‘’ユベントスの背番号10‘’は極めて重要であり、そして時には世間からの厳しい風に晒される事もある」

 

 

デル・ピエーロ:「ボクもカペッロ政権時代は本当にツライ思いをしたもんだ」

 

 

デル・ピエーロ:「でも、君は必ず今シーズン復活する。それはボクが保証するよ!」

 

 

デル・ピエーロ:「君はユベントスの宝石なんだ。だから自分を信じて」

 

 

デル・ピエーロ:「そして輝いて欲しい!」

 

 

デル・ピエーロ:「ボクが背負った背番号10の誇りを胸に!!!」

 

 

 

 

 

キュン:「ところでアナタ、いったい誰なんですか?一方的に語ってましたけど…」

 

 

デル・ピエーロ:「がびーん。俺の事知らねぇのかよ…」

 

 

 

 

ウーマンのひと「何度も言いますが、私はもじゃもじゃだからこの場の呼ばれた訳ではありません」

 

 

監督っぽいひと:「ダビド・ルイスの事を意識した事はありません」

 

 

ウーマンのひと:「えっ『髪型はフェライーニだけど、顔はダニーロ』ですって?やかましいわ!」

 

 

オジーロ:「どんマイケル!」

 

 

 

 

ディバラ:「すみません、『俺の事、ホントに知らないのか?』って言われましても知らないものは知らないんで、そろそろ勘弁してもらえませんか…」

 

 

クアドラマン:「監督~、外でキュンが変なおじさんに絡まれてまーす」

 

 

山ちゃん:「今の子たちは、井上順のことを知らないのかな…」

 

 

まとめ

最近真面目な記事も多いから「トリノの車窓から」で一息入れて、フィオレンティーナ戦に備えるとしますかね。

 

ウエノ(クリニック)の車窓から