【サイドバック不足はこれで解消だ!】2019年9月12日のユベントス ニュース

2019年9月12日のユベントス ニュース

[Goal.com]ブラジル代表の一員として召集されているアレックス・サンドロだが、イタリアに帰国した24時間のうちに次節のメンバーに名を連ね、フィオレンティーナと戦う事になるだろう。

 

まだ序盤の序盤のジオバンニ(※)も関わらず、早速サンドロに大きな負担が掛かる事に。モチのロン、デ・シリオが怪我で戦線離脱中と言う事もあるけれど、それでも代表から戻ってロクに休みもとらない選手が出場しなくてはならないチーム状態とはどんなものか。兎にも角にも1月の移籍市場で計算出来るサイドバックは獲るとして、それまでの間やり繰りすべくチャレンジをしてみてはどうだろう。マテュイディやクアドラードを試してみてもいいし、それこそ『ベルナルデスキにはザンブロッタのような適性があるんじゃないか』と口にするファンもいる。なんならCL登録メンバーから外れてしまったエムレ・ジャンをサイドバックで使ってみて、チャンスを与えてみてもいいだろう。そうだ、今こそサッリよその能力を見せるべきだ。そうだ、魔法使いサッリーである所を見せる時だ!

 

(※=ジオバンニは1990年代後半にサントス、バルセロナで活躍したブラジル代表MFです。今回は「序盤に」と「ジオバンニ」を掛けたダジャレとなっております。でも、ダジャレの種明かしとか必要あるんですかね)

 


 

[CMC]イグアインはフィオレンティーナ戦でも、センターフォワードとしてスターティングメンバーに名を連ねるだろう。

 

[Goal.com]今夏の移籍期限ギリギリになりベルナルデスキはバルセロナ移籍に近付いていた。しかし、選手はサッリのもとで改善し、ユベントスで戦う事を選択した。

 

[CMC]ユベントスは代表に召集されなかった選手に2日間のオフを与えた後、トレーニングを再開した。そしてそこにはマルコ・ピアッツァの姿があった。

 

[SKY]レアル・マドリーがポール・ポグバの獲得を目指している事は周知の事実であるが、もしそれが上手く運ばなかった場合、1月にエリクセン獲得に動く事になるだろう。

 

[フレイ(元フィオレンティーナ)]‘’今シーズン、ユベントスとの対戦はこれまで以上に重要になってくるだろう。フィオレンティーナは開幕2連敗(ナポリ戦、ジェノア戦)を喫してしまったが、ユベントス相手にポイントを得る事が出来ればチームも波に乗る事が出来るはずだ。すでにチームもファンも試合に向けてボルテージが上がってきている。今シーズン、初めてユベントスに土を付けるのはフィオレンティーナになるだろう。‘’

 

[Le Parisien]ユベントスが今夏獲得を目指していたPSGムニエだが、選手は今シーズンいっぱいで切れる契約の更新を望んでいるもののレオナルドが選手を評価しておらず、1月にトリノに向かう事になるかもしれない。

 

 

[Football Italia]マルキジオはブレシアと江蘇蘇寧(中国スーパーリーグ)からは遠ざかったが、スコティッシュリーグのレンジャーズからオファーが届いている。

 

[TuttoSport]スパーズとPSGはパウロ・ディバラの事を諦めておらず、再度1月に獲得に乗り出す事だろう。

 

 

まとめ

今夏にキュンの移籍話が勃発した時は、結局のところ「まだ見ぬ未知への期待」もあったと思うし、監督も変わった所で当然の反応だったとも思う。しかし、もし、もしものもしだけど、冬の移籍市場までチャンスが与えられない、または結果が出なかった場合には、「移籍の噂」は「現実」に直結するものであるし、ある意味何も言い訳がきかない状況でもある。恐らくキュンの移籍話がこのまま1月まで出ては消え、そして消えては出て来るだろう。それは「他のチームが欲する能力を持っている選手」を証明するものでもあるので仕方ないし、それこそその火を消すのは自らの活躍のみである。

 

山ちゃんよ、わずか15分の出場で途中交代する選手がいるチームにおいて、この背番号10に15分以上のチャンスを与えてやってくないだろうか。

 

編集長、「ユトラー」をうたっておきながらお恥ずかしいんですが、ユッティの公式サイトが有った事を昨日初めて知りました。。。

 

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(2019-20 選手名鑑/愛称版簡易版