【サッリのユベントスデビュー間近!】2019年9月13日のユベントス ニュース

2019年9月13日のユベントス ニュース

[SKY]マウリツィオ・サッリはフィオレンティーナ戦のベンチに座り、ユベントスの監督としてデビューを果たすだろう。

 

『サッリのデビュー戦』と言ったって、ベンチ外だった開幕戦と第2節だってスタメンを決めたのサッリだろうし、ベンチにいなくても遠隔で指示は出していただろうし、今更「サッリが公式戦で初めてユーベの指揮を執る」とかそんな話には全く興味がない。月ユベの興味はただ一つ、『ジャージで指揮を獲るかどうか』。アジアツアーではジャージ姿だったけど、あれはプレマッチだったし夏真っ盛りだったしジャージ姿でも違和感は感じなかったし。ただこれが‘’公式戦‘’となれば別物。個人的にはブレずに「バッチ来い!」的な感じでジャージで登場して欲しいし、禁煙であろうアリアンツで安っぽい禁煙パイポを噛み噛みして欲しいけど、さてどうなる事か。まぁ、スーツで出てきても違和感ありすぎてむしろ見てる方がソワソワしそうだけど、そもそも監督がジャージかスーツかで話題になるチームって他にあるんですかね?監督が試合中に噛み噛みしてるチームって他にあるんですかね?

 

禁煙パイポじゃ物足りなくて、ハーフタイムにスチェスニーと隠れてタバコふかしてた所をチームに見つかって要注意されるサッリに期待!

 


 

[Sport Mediaset]ラムジーはフィオレンティーナ戦に招集される事になる。

 

[Sport Mediaset]フィオレンティーナ戦では、イグアインは再度センターフォワードとして出場し、ケディラとラビオが中盤のスターターとして名を連ねる。ボヌッチの相棒はデ・リフトかデミラルどちらになるかはまだ分からない。ロナウドがフル出場する事は難しいだろう。

 

[Tutto Sport]サッリはラビオのユベントスデビューを急いではないない。それはまだ戦術が確立していないからだ。

 

[Tutto Sport]ユベントスは来夏もトランスファーフリーでの補強を目指している。1番の目標はスパーズのエリクセンだが、他にもPSGのムニエやチェルシーのウィリアンの名前がターゲットに挙がっている。

 

 

[モンテッラ(フィオレンティーナ監督)]‘’ここ何年かのシーズンで、我々はユベントスから勝ち点を奪った事もあり、今週末も同じ事が起こり得ると考えている。私はサッリのユベントスを倒し、フィオレンティーナで歴史を築きたいと考えている。‘’

 

[Tutto Sport]‘’ユベントスはレバークーゼンのハフェルツに強い関心を抱いているが、獲得となれば9000万ユーロを超える移籍金が必要となる。そして選手にはリバプール、バイエルンと言ったヨーロッパの強豪が興味を示している。 ‘’

 

[IlBiancoNero]カタールリーグのアル・ガラファから届いたオファーをマンジュキッチは断った。選手はユベントスでプレーしたいと考え、少なくとも1月まで移籍する事は無いと考える。そして、それまでの期間にサッリを納得させる事が出来れば、そのままチームに残るであろう。

 

 

[モウリーニョ]‘’クリスティアーノは怪物であり、常に勝利と自身が成長する事を考えている。だから、彼が何を成し遂げたとしても私は驚かないんだ。ロナウドが50歳になった時、FIFAは彼をレジェンドマッチに招待し、そしてゴールを決めるだろう。今からその光景が目に浮かぶよ。‘’

 

[ilbianconero.com]パラティッチはまだキエーザを諦めていない。来年の夏に再度獲得に乗り出すだろう。

 

 

まとめ

ぶっちゃけなんだけど、今シーズン開幕前にも噂のあったキエーザに関して、編集長的には「なんでそんなに固執しているのか分からない」と言うのが本音なの。確かにスピードのあるウィンガーではあるけれど、それならうちにはコスタるんがいるし、確かにイタリア人選手ではあるけれど、「それなら五郎スキー使ってくれよ」って感じだし、結局キエーザのどこにポイントを置いているのか分からんのよ。モチのロン、代表クラスのナイスプレーヤーだと思うんだけど、「なんでかなー(阿藤快風に)」って思う所もあるのよね。それこそトランスファーフリーなら分かるけど、7000万ユーロも8000万ユーロも出すのであれば、それこそピンちゃんの給料(30万ユーロ)少しでもいいから上げてやってくれよ、なんて思っちゃうんだけどねー。

 

 

スケスケ史上、最高にアスリートっぽくないスケスケかもしれません。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(2019-20 選手名鑑/愛称版簡易版