【遂にルガーニが放出要員に?】最近のユベントスまとめ(2019年6月1日号)

最近のユベントスまとめ(2019年6月1日号)

[LaLazioSiamoNoi]ラツィオはルガーニとオルソリーニに興味を示しており、ユベントスはミリンコビッチ=サビッチの交渉に2選手を含めようとしている。

 

これ、サッリが来たら話が一転する可能性があるかもですが、このところデミラルやロメロ獲得の話なんか出ているんで、アゴーニ放出って現実的にアリっちゃーアリかもね。まぁ、捕らぬ狸の皮算用になりますが、皮算用通りに行けばセンターバックは「ロボ、ポヌッチ、デミラル、ロメロ、ダレデス」で全体のバランスも良くなるだろうし。

 

 

えっ、ダレデス?

 

 

あえてね。

 

 

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑愛称説明逆引き選手名鑑)


 

[Tuttosport]ユベントスはカンセロの放出を決め、バレンシアのピッチーニの獲得を目指す事になる。

 

[Defensa Central]ユベントスはマルセロの獲得を望み、アレックス・サンドロとの交換トレードを持ちかける。しかし、ジダンはマルセロの放出を容認しない。

 

[ジョルジーニョ]‘’ヨーロッパリーグのタイトルも獲る事が出来たし、素晴らしいシーズンになったと思う。ボクの将来に関して?それよりもボクはサッリの将来に関して知りたいと思っているんだけど、君がサッリに聞いてみてくれないか。(記者に対して)‘’

 

[Inter Official]インテルはアントニオ・コンテ新監督招聘を正式に発表。契約期間は2022年までの3シーズンで、年俸は1200万ユーロにもなると言われている。

 

[Gazzetta]コンテ新監督はイカルディの放出を望んでおり、イカルディにはPSG、アトレティコ、レアル・マドリー、そしてユベントスが獲得に名乗りを挙げていると言われている。

 

[La Stampa]来シーズン、バルザーリとピルロはチームスタッフとしてユベントスの一員になるだろう。

 

[SKY]サッリは依然としてユベントスのファーストチョイスである。ラマダニ(サッリの代理人)は今日か明日にでもチェルシーと対談を持ち、今後の事を話し合う事になるだろう。ユベントスはサッリ招聘に失敗した場合、クロップ、インザーギ、そしてポチェッティーノの誰かに舵を取り直す。

 

[Radio Bianconero]グアルディオラはまだユベントスとの契約書にサインをしていないが、引き続き交渉は行われている。ユベントスにとってサッリはあくまでプランBに過ぎない。

 

[Calciomercato.com]バイエルンのボアテングは移籍市場に出される事になり、ユベントスが他のセンターバック獲得に失敗した場合に限り、触手を伸ばすかもしれない。31歳のディフェンダーはユベントスのメインターゲットからは外れている。

 

 

まとめ

・ルガーニの未来はどこへ行く。サッリの傘の下で生き延びるのか、それともチーム主導で放出されるのか。年齢も今年25歳になりそろそろ完成系が見えてこないのはダメだぞこりゃ。オ●パ●ばっかり揉んでちゃダメだぞこりゃ。上手くまとめるなら『ダメだこりゃ』。・シティが慎吾にバカ高い値段を付けてきているらしく、さすがにそれは交わしきれないか。代わりのターゲットとなるピッチーニはバレンシア所属のイタリア代表ディフェンダーで26歳。モチのロン、よー知らん選手なんで記録だけ見てみてもパっとせず。『右サイドのレギュラーはユッティ』って事で、「そんなに実力選手を連れて来なくても大丈夫」ってメッセージ性を込めた補強だよね。・サッリがユーべの監督に就任した際の旨みはポルちゃんじゃないのよ、みんな分かってるよね。ジョルジーニョ♪ジョルジーニョ♪恩師と一緒に肩並べておいでー。・ここ数日で一気に進んだであろうコンテのインテル監督就任。元ユーべの選手が監督となって対峙するのはなんとも特別な感情が。そう言えば他にもユーべに所縁のある監督がいたよな。アンチェロッティ、ラニエリ、トゥドール…。ピッポ・インザーギはボローニャの監督を、グロッソはセリエBのエラス・ベローナの監督をそれぞれ1月頭に解任。そしてユリアーノはアルバニアのチームの監督やってるみたいで、「なんともユリアーノっぽいよなぁ」とあの冴えない顔を思い浮かべた次第です。

 

お題目掲示板が閉鎖されて、『編集長室』がオープンしたらしいよ。

 


 

コンテはインテルに決まったけど、投票はまだ続けるよ!