【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


【Majiニュース】ユベントス、ヴラホビッチ放出ならばホイルンドを獲得か!しかしアタランタの設定した移籍金が…



 

 

 

 

【JuveFC.com】

アタランタがデンマーク人アタッカーに高額な移籍金を設定しており、ビアンコネリの手が届かなくなる可能性があるため、ユベントスのラスムス・ホイルンド獲得は暗礁に乗り上げる可能性があります。

アタランタで印象的なシーズンを過ごした後、ホイルンドはこの移籍市場でヨーロッパのいくつかのトップクラブからの関心を集めています。

ユベントスはドゥシャン・ヴラホヴィッチの売却の可能性を検討しており、セルビア人フォワードの代役となる可能性のある選手の一人としてホイルンドを挙げています。

アタランタは選手の売却には定評があり、ホイルンドの退団によって得られる収益を最大化することを念頭に置いています。

ユベントス以外ではマンチェスター・ユナイテッドが同選手に強い関心を示しており、獲得交渉に向けてアタランタと接触していると言われています。

しかしアタランタの提示額は高額で、Calciomercato.comの報道によると、アタランタはホイルンドに対して9000万ユーロの移籍金を要求していると伝えられています。

この高額設定により、マンチェスター・ユナイテッドを含め、興味を持ったクラブにとって負担が大きく、動きが変わって来る可能性があります。

ユナイテッドはより低い移籍金で契約を獲得したいと考えていますが、アタランタが設定した値札は、ユベントスにとってホイルンド獲得が至難の業となっていることは間違いありません。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

昨シーズンの活躍、そして20歳という年齢を鑑みると欲しいっちゃー欲しいですが、さすがに9000万ユーロ、単位を変えるのであれば300ピンチャンは今のユベントスにとって高額すぎますし、それこそこんな金額を支払って選手を獲得したら、またFIGCに目を付けられて2年連続2度目の勝ち点剥奪なんて事になりかねません。

もし値段が釣り上がるようなら、「医者から5000万ユーロの取り引きは禁止されているので」と言って、そそくさと立ち去ることにしましょう。

うん、それがいいー、それがいいー。