【Majiニュース】ユベントス守備の要ブレーメルにトッテナムが注目か!ジュントーリは適切なオファーが届けば放出も…

 

 

 

 

【JuveFC.com】

ユベントスのディフェンダー、グレイソン・ブレーメルは、トッテナム・ホットスパーの注目を集めています。

並外れた守備能力と適応力により、ブレーメルはプレミアリーグの様々なクラブから賞賛を集めており、トッテナムは彼の署名を狙う最有力候補の1つとして確固たる地位を築いていると、ilBianconeroは伝えています。

このブラジル人選手のパフォーマンスはトッテナムの経営陣の目に留まり、彼らはブレーメルを最終ラインを強化する理想的な選手とみなしています。

彼のゲームを読む能力、空中戦での強さ、そして落ち着いたビルドアップは、チームの守備の中核を強化するための魅力的な有望選手となっています。

ユベントスにとって、ブレーメルほどの才能を持つ選手との別れは簡単な決断ではありませんが、チームの合理化と財政的安定の追求が重くのしかかっています。

クラブの戦略的決定の原動力であるクリスティアン・ジュントーリは、あらゆる機会を慎重に評価する必要があることを理解しており、適切なオファーが到着すれば、チームの他の分野を強化するための資金を手にするべく、ブレーメル放出を検討する可能性があります。

交渉が進展するにつれて、ユベントスのファンはブレーメル退団の見通しにほろ苦さを感じるかもしれません。

彼のチームへの貢献は計り知れず、フィールド上での粘り強さは惜しまれることになるでしょう。

しかし、サッカーは常に進化しており、視野を広げたいプレーヤーにとって、新しい挑戦は魅力的に映るかもしれません。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

もし、日本エレキテル連合がユベンティーニだったら、「ダメよーダメダメ」って言っているに違いありません。

それくらい、ラガー放出はダメよダメダメ案件であり、このブラジル人ラガーマンがいなくなったら、今シーズンのユベントス守備陣は終わります。えぇ、JUVE NO OWARI、略すならば「ユベオワ」です。まぁ、略す意味もありませんし、そもそもJUVE NO OWARIでもないのですが。

ジュントーリも収支を考えながらの決断になると思いますが、そんな時は「ジュンの旦那、ブレーメルを放出したら、ルガーニ&ボヌッチのイリュージョンコンビが爆誕しますぜ」って耳元で囁けば、正気になってくれるんじゃないかと思います。知らんけど。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...