【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


【Majiニュース】CBの補強を進めたいユベントス、プレミアとブンデスから2選手をリストアップか!



 

 

 

 

【JuveFC.com】

ここ数日、ユベントスはレオナルド・ボヌッチに対し、彼が新シーズンのプロジェクトには入っていないと率直に伝えました。

ベテランディフェンダーは近年急速に衰えを見せており、監督のマックス・アッレグリはもはや彼を頼るつもりはありません。

そのため、クラブディレクターのクリスティアーノ・ジュントーリとジョバンニ・マンナは、倒れたキャプテンの後任を見つける任務を任されることになりました。

La Gazzetta dello Sportによると、ビアンコネリは後任候補として2選手の名前をリストアップしたと伝えています。

リスト最初の名前はサウサンプトンのディフェンダー、アーメル・ベラ=コチャップで、21歳の彼はドイツ代表選手として、2キャップを誇っています。

ボーフムで頭角を現した後、昨夏に1100万ユーロでセインツに加入しましま。

クラブはイングランドチャンピオンシップに降格したにもかかわらず、彼には大きな期待が寄せられています。

この若手は昨シーズン、プレミアリーグで24試合に出場し、2アシストを記録しました。

報告書で名前が挙がっているもう一人のプロフィールは、コンスタンティノス・マヴロパノスです。

25歳の彼はギリシャ代表選手で、現在はシュトゥットガルトでプレーしています。

彼はキャリアの初期にアーセナルに在籍していましたが、ノースロンドンでは十分なスペースを見つけることができなかった為に、2020年に戦いの場をシュトゥットガルトに移しており、契約は2025年まで残っています。

さらに同情報筋は、今夏に退団するユベントスのディフェンダーはボヌッチだけではないかもしれないと主張しています。

同紙によると、経営陣はアレックス・サンドロとダニエレ・ルガーニの放出も試みる一方、クラブが魅力的なオファーを受け取った場合には、グレイソン・ブレーメルも退団する可能性があると伝えています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

ベラ=コチャップについては「名前がケチャップっぽい」、コンスタンティノス・マヴロパノスについては「中黒を抜いてもアルファベット15文字って、さすがの北川さんでも舌を噛んでしまいそうだよね」ってことしか分かりませんが、センターバックが補強必須のポジションであることは間違いありません。

※サウサンプトンのケチャップ。

 

※シュトゥットガルトの名前の長いひと。

 

 

ポヌオの処遇次第という部分はあるものの、日本には「坊主元気で留守がいい」って言葉もありますので、とりあえずチームには残してベンチで元気ハツラツに振る舞わせておくことで、ユベントスにとってもプラスになるんじゃないかと思います。知らんけど。