【追求すべきは意外性だ!】2020-21シーズン第13節 vs パルマ戦 プレビュー

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

今日はスタメン予想に行く前にひとつニュースをお届けさせて下さい。

 

上記のTweetの通り、池崎がアメリカサッカー協会が選ぶ「2020年最優秀選手」を受賞いたしました!

 

 

 

ジャスティス!

 

 

 

ご存知の通り、今シーズン開幕前にユベントスに加入した池崎。当初は「ボランチの4番手」と言う見方が主流だったものの、しかし蓋を開けて見れば「開幕スタメン」に名を連ね、更にシーズンが進むに連れてバイタリティ溢れるプレーを披露。そしてバルセロナ戦では大逆転劇のきっかけとなる追加点を挙げ、シーズンの3分の1を追えるかどうかのタイミングにおいて、すでに「ユベントスに欠かす事のできない池崎のひとり」となっております。

そして今シーズンはコロナウィルスに掛かってしまった時期があったものの、それでも公式戦全18試合のうちの13試合に出場。明らかに小五郎の期待値が上がっている事は明らかであり、年明けから厳しい戦いが続くであろう中で、池崎が持ち合わせるダイナミックさ、汎用性、そして明るさがチームを救ってくれるのではないかと、大きな期待を寄せる所です。

 

 

まぁ、最終的に何をお伝えしたいかと言いますと、まずは「2020年最優秀選手受賞おめでとう!」と言う事と、「これからの更なる飛躍に期待」と言う事と、やはり最後はこれで締めるしかないと思います!

 

 

 

イェ…

 

 

イ、イェ…

 

 

あっ、でもこんなバレバレの流れで言っちゃっていいのかな…

 

 

こんなお約束のままに書いても面白くもおかしくもないしな…

 

 

もう、みんな何がくるか分かってるだろうし、意外性もないだろうしな….

 

 

 

って事で、みっつめにお伝えしようと思った事は心に秘めたままスタメン予想に移りたいと思います!

 

(※万が一にも何かを期待していた方がいればお詫び申し上げます)

 

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

<スタメン予想/3-5-2>

GK:松野さん
DF:オジーロ、ポヌッチ、フトシ
MF:キエーザ、主任、吉田、いぇぇぇぇぇえええええい!、ドンキー
FW:スネ夫、キーちゃん

 

キーパーに関して、昨日まではコブタン本命だったものの、前日になりメディアはこぞって「ブッフォンがスタメンに名を連ねる」と報道しておりますが、恐らく「前日練習を見たから」ではなく「前日に居酒屋にいなかったから」だと思います。小五郎に「前日の酒量は日本酒徳利(とっくり)で1本まで」と釘を刺されているようなので。

ディフェンスラインはアタランタ戦と同じくオジーロ(蟹座)、フトシ(獅子座)、ポヌッチ(嘘座)の3人が揃い、その前にワンアンカーで蓋をするのは主任。オフェンシブの両ワイドには右にキーエザで左にドンキー。トップ下にはジェノア戦~アタランタ戦と出番が与えられなかった吉田と、アメリカ最優秀選手であるいぇぇぇぇぇえええええい!が名を連ね攻撃にアクセントを与えます。そしてツートップには前節マジカルなヒールキックで小五郎を劇怒ぷんぷん丸させてしまったスネ夫と、PKを失敗したキーちゃんが並び、汚名返上とばかりにふたりで500点くらい取ってくれるんじゃないかと期待します(キーちゃんが499点でスネ夫が1点)。

 

 

パルマは直近5試合を「2勝3分」と負けておらず、決して14位の順位に油断は出来ません。

そしてユベントスはこの試合に引き分けてしまうと「6勝7分」で引き分けが先行する事になり、また停滞ムードが出てきてしまいます。ここは「PKの1点」でも「疑惑のPKの1点」でも「購入したPKの1点」でも構いませんので、とにかく勝利を収めて欲しいところ。その為にも我々も日本から声援を送るのです!

 

 

勝つぞ!

 

 

勝つぞユベントス!

 

 

 

 

 

いぇぇぇぇぇえええええい!

 

【最新のJuveTube🎥】

ちょっと遅くなっちゃったけど是非聴いて下さいませ😎