【なんなら月ユベが命名しようか?】2018年9月25日の月刊ユベントスNews

2018年9月25日の月刊ユベントスNews

五郎スキーのゴールパフォーマンスって、なにか意味があるのかな?特にないなら月ユベが適当に名前つけるけど。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)


 

インタビュー with 五郎スキー

今シーズン確変状態に入ったGR33がコメりました。

クチスティアーノは間違いなくナンバーワンプレーヤーだ。そして偉大なるプロフェッショナルであり、素晴らしい人間性も持ち備えている。彼から学ぶものは非常に多いんだ。

 

「成長しているか?」だって。間違いなくYesだ。今シーズンは上手くやれているし、この調子が続くといいね。まだまだシーズンは長く、たくさんの試合が待っているからね。

 

「GoRo33=GR33」をヨロ。

 

 

インタビュー with ロボスキー

フロジノーネ戦をシャットアウトしたロボがコメりました。

フロジノーネの守備には手を焼いたけど、集中できていたと思う。

現在のユベントスのプレーのクオリティを考えれば、90分間を無得点で終える事は考えづらいだろう。とにかく自分たちのサッカーを続けて、ゴールをこじ開ける瞬間を待つのみだ。

誰もがロナウドがゴールを決める事を期待していただろう。でも、我々にとってはそれは大きな問題ではないんだ。彼はバレンシア戦で不運なレッドカードを受けてしまったが、ユベントスにとって重要な選手である事は変わりないんだ。

ベルナルデスキの活躍に関して何も驚きはないよ。彼はユベントスで決定的な仕事を成し遂げるべく選手となっているんだ。

ディバラに関してもユベントスに必要なプレーヤーだ。この試合ではフリーキックを幾つも獲得し、チャンスを演出した。このままハードワークを続ければ、昨シーズン以上の活躍をするだろう。

 

今シーズン初のロボエモンはよ。

 

 

フロジノーネ戦後のヒロコメ

あそこで慎吾ちゃん投入って、まさにヒロシ采配。

我々は多くのシュートを打ち、クロスを上げ、そしてパスを繋いだがなかなかゴールに結びつかず、「我慢」が必要な試合だった。

もう少しワイドにフィールドを使いたかったが、そうはならなかった。しかし、エムレ・ジャンの前にピアニッチを配置し、クアドラードに高い位置を取らせてから上手く行くようになったね。

ベルナルデスキは非常に状態が良いね。アタッキングサードで仕掛け、そしてゴールを奪う事が出来た。

ディバラは試合に出る事が重要だ。今日はペナルティエリア付近でも良いプレーを見る事もできた。しかしもっと走る事が必要だし、コンディションをもうひとつ上げなくてはならないだろう。

マンジュキッチはいつもはボールに対していち早く反応するが、今日はそうではなかった。疲労が原因だろう。

 

前日会見で「明日はマンジュキッチかロナウドのどちらかがプレーする」って言っていたのに、ふたりとも先発でした。

 

 

笑顔がステキなので延長

フロジノーネ戦でもばんすかクロスを上げていたクアドラマンに対して、ユベントスは契約延長の準備を進めている模様。

現在の契約は2020年6月までですが、何年の延長するかは分かりません。そこまで月ユベに求めないで下さい。

 

 

KuMa

今シーズンはいまだ公式戦の出場がなく、「ポスト・ヘッシーを狙っているのでは」とも噂されている熊さんですが、ボローニャ戦で戦列に復帰する模様。

オヤジ狩には注意。

 

 

YuToRi

そんでユッティの復帰は早くても10月21日のジェノア戦になりそうですが、たぶんまたユトるでしょうな。

 

 

NaSu-D

太陽の光をしっかり浴びて養生する事ができれば、このナスもジェノア戦から復帰。

 

 

TsuBa96

怪我がどーのの前に、ジェノア戦までは一身上の都合で出場できません。

 

 

 

まとめ

「今シーズン欠かす事のできない選手権」で言うと、アゴイチの次はメンディのような気がします。

 

 


 

毒者さんのコメントを読むだけでも結構楽しいね。