ラビオの処遇に代理人が大きく反発!

ラビオの処遇に代理人が大きく反発!

『アドリアン・ラビオの代理人はハッピーではない。このままの状態が続けば、以前ラビオに興味を示していたバルセロナに売込みを掛けるかもしれない』

スペインのスポーツ紙Don Balonは、ラビオの代理人であり母親であるヴェロニク・ラビオを指して、このように伝えております。

 


 

今シーズン開幕前、PSGからトランスファーフリーでユベントスに移籍したラビオですが、公式戦9試合を終えた時点での出場時間はわずか206分。時期尚早な感はありますが、大きな期待を背負ってチームに加わった選手において、これは余りにも短い時間である事は間違いありません。

2019-20 試合数 出場時間
セリエA 3試合 194分
CL 1試合 12分

 

 

しかし、監督であるサッリは事あるごとに選手の『コンディション』について言及しており、昨シーズンの多くの時間を‘’ピッチ外‘’で過ごしたフランス人ミッドフィルダーのそれを、『まだ万全ではない』と会見でも口にしております。

チャンピオンズリーグ登録メンバーに名を連ねている事からも、サッリがその実力を認めている事は明らか。あとは時間が解決してくれるはずですが、果たして代理人である母親の堪忍袋の尾がそれまで切れずに済むか。国内リーグではインテルを破り勢いに乗るチームにおいて、『外野』からの声によりチームに無駄な混乱が招かれない事を願います。

 

 

まとめ

いやー来たね!ほんと『お待たせしました!』て感じですが、早々にラビ代が暴れ始めました(ネタ元がDon Balonだから記事の信憑性については知らんけど)。昨シーズンもチームを「抜ける抜けない」ですったもんだした挙句、ベンチメンバーからも外された自身の息子の境遇について『囚人扱いされている』て口にしていたけど、今回は何て表現するのでしょうか。て優香、まだまだシーズン序盤だし、それより何より山ちゃんはTKTK(→インテル戦の採点参照)だけどちゃんと選手のコンディションを見てるから大丈夫。当初は『融通の利かないスタメン固定おじさん』だと思われていたけど、ちゃんとターンオーバーするから大丈夫。今のところ試合に1秒も出場してないのはピンちゃんとアゴーニだけだから大丈夫(訳アリのひと除く)。そのうちアタックチャンスは回ってくるから大丈夫。だからラビ代さんにおかれましても、息子の足を引っ張るような事はせずに、大人しく見守っておけ下さいませ。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

編集部より

メルマガに多くのご登録有難うございます。メルマガは「届いた返信メールに記載されているURLをクリックして登録終了」となります。まだURLをクリック頂いていない方もいらっしゃるようなので、お早めにお済ませ下さい。また、10月9日の18時に第一号の配信を済ませましたが、もし届いていないと言う方がいれば、Twitterメルマガ登録のページでお知らせ下さいませ。(Gmailの方は「迷惑メールフォルダ」に分類されている可能性もあります)