【エリクセン獲っちゃえばいいじゃない】最近のユベントスまとめ(2019年8月26日号)

最近のユベントスまとめ(2019年8月26日号)

[Daily Mail]スパーズはエリクセンの移籍金を5500万ユーロに設定したが、チームに選手を放出する意思はない。デンマーク代用ミッドフィルダーにはレアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、そしてユベントスが興味を示している。

 

昨日のパルマ戦を見ていても、ピャニッチがマークされた時の攻撃の形が見当たらず、「取り合えずコスタ」で局面を打開していた感は否めない。今シーズンはラビオと言うテクニカルな選手が加入はしたけれど、しかし『プレイメーカータイプ』ではなく、一つ一つのプレーをソツなく正確にこなすサポートタイプだと言う事が分かって来た。そう考えるとやはりエリクセンは欲しい。彼が来ればユベントスのバランスは一気に良くなるだろうし、ピャニッチの負担も一気に減るだろう。今シーズン大型補強を敢行したユベントスにおいて、「そんな金どこにあるんねん!?」って話でもあるが、最後の最後はアニエリえもんに出してもらう。不思議なポッケから不可解なユーロをポンっと出してもらおう。

 


 

[デ・リフト]‘’もちろんプレーしたいと感じているけど、コーチの選択を尊重するよ。それこそジョルジュ(キエッリーニ)とレオ(ボヌッチ)は息の合ったコンビだし、僕も早く監督の信頼を勝ち取りたいと考えているよ。‘’

 

[マルトゥシエッロ]‘’試合後にサッリと話をしたよ。彼は結果には喜んでいたが、選手のミスの多さには少しばかり怒っていたね。『ディバラかイグアインか』に関しては、イグアインの方がフロントサイドでの経験を持ち合わせていたから、この試合のスタメンに送り出した。ただ、2人とも素晴らしいプレーヤーである事は間違いないよ。‘’

 

[アレックス・サンドロ]‘’両チームとも力を出し尽くした、難しい試合となったね。フィジカルの部分で言っても、今シーズンはこのレベルの戦いが続く事だろう。サッリはこの結果を喜んでいると思うけど、更に良くしていかなくてはならないね。‘’

 

[ドウグラス・コスタ]‘’シーズン最初の試合は得てして容易くなく、そしてそれは今シーズンも長い戦いが始まった事を意味しているんだ。サッリは長いシーズンに向けて準備を進めており、我々はそれについて行くだけなんだ。‘’

 

[パラティッチ]‘’ディバラは間違いなくユベントスの10番であり、ユベントスでプレーしてくれる事を幸せに感じているよ。イカルディ?すでにチームには素晴らしいアタッカー陣が名を連ねているだろう。イグアインが戻って来た事も忘れないでくれ。‘’

 

[TMW]パルマ戦で途中交代したドウグラス・コスタだが、怪我ではなく痙攣しただけであり、ナポリ戦での起用は問題ないと診断されている。

 

[Tuttosport]マテュイディはフランスから届いたオファーを全て断り、ユベントスに残る事を決めた。選手は来年夏までの契約を全うする事になるだろう。

 

 

[Clarin]バルセロナはユベントスのベンタンクールに興味を示しており、獲得のために6000万ユーロを用意するようだ。

 

[TMW]パラティッチの頭の中にはひとりのアタッカーの名前が浮かんでいる。その名はリヨンのムサ・デンベレである。

 

 

まとめ

・残念ながら開幕戦でフトシのユベントスデビューはならなかったものの、それでも計算できるセンターバックが一枚加わった事はこの上なく大きい。昨シーズンはロボ&ポヌッチがベースになるも、どちらかが(ほとんどロボだけど)怪我をすればそこに控えているのは前半戦がエナティア、後半戦はダレデスあり、決して悪くはないけれど決して「テッテレーが無い」とも言い切れない状況であった。そう考えるとロボがいてポヌッチがいてフトシがいて更にその後ろにアバラル君がいて、本当の本当の本当に万が一の場合にはユッティが出て来るであろうこの体制を、山ちゃんにはしっかりとコントロールして欲しいものである。頑張れ山下。・ほらね、主任の話とか出て来るでしょ。最近名前が出ているナスJもしかりだけど、結局他のチームが欲しいと思う‘’若手‘’に触手が伸びて来るのよ。なんだかなー(阿藤快風に)。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版