ポグバがドーピング検査で陽性反応…最長で4年間の出場停止の可能性も

 

 

 

 

【JuveFC.com】

ユベントスのミッドフィールダー、ポール・ポグバが禁止薬物であるテストステロンの検査で陽性反応を示したという衝撃的なニュースに、イタリアのサッカー界が揺れています。

昨シーズンのポグバのユベントスへの復帰は一連の怪我によって台無しになっており、クラブは彼を長期にわたって失うことを避けたいと考えています。

残念なことに、報道によるとポグバはユベントス対ウディネーゼ戦の後に検査を受けたとの報道があり、検査の結果が今後に向けて大きな影響を及ぼす可能性があります。

Calciomercato.comが報じたように、ウディネーゼ戦の後にポグバは2試合に出場しましたが、検査の結果、禁止薬物の存在が判明したということです。

ポグバは世界的に認められたサッカーのスーパースターであり、これまで禁止薬物の使用に関する報道はありませんでした。

これらの結果を考慮すると、彼は予防的出場停止処分に直面する可能性が高く、判決が下される前に反分析を要求するための3日間の猶予期間が設けられることになります。

もしドーピング違反が確定した場合、ポグバは最長で4年間の出場停止処分が言い渡される可能性があります。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

現時点で編集長が言えるのは、これだけです。

 

たぶん、バイト先で消費期限切れのスイーツでもこっそり食べて、それが検査に引っ掛かったんでしょ。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...