【現地情報まとめ】今シーズン限りでマンUとの契約満了のポグバ、ユベントス移籍へ向けて前進か!

ユナイテッドが来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃した事もあり、「移籍確実」と言われているポグバ。ここ数年も「夏と冬の風物詩」と言われて幾度となく名前が挙がっていたフランス人ミッドフィルダーですが、どうやら今回届いている噂についてはあながち嘘っぱちでもない模様。

各国リーグが残り2試合、3試合となる中、更に報道が加熱して来ると予想されますが、さてポグバは古巣であるユベントスへ復帰する事になるのか。まずは現地ジャーナリストのコメントを紹介させて頂きます。

 

 

Mirko Di Natale

ユベントスとポグバ代理人のコンタクトの回数は増えており、直近では先週の金曜日に行われた。

ユベントスが提示する年俸は700万ユーロから800万ユーロとなり、ポグバは減俸を受け入れなくてはならない。

 

ポグバの代理人はエンツォ・ライオラ。亡くなったミノ・ライオラの血縁のようですが、さてどんな立ち振る舞いを見せるのか。

何にしてもポインツは「年俸」。ちょっと正確な数字は分からないものの、現在ポグバがユナイテッドで手にしている年俸は1000万ユーロ程度(手取り)とも言われているので、もしユベントスが700万ユーロを提示した場合には「30ピンちゃんの減俸」を受け入れる事が前提となります。

小市民代表取締役の編集長としては「1000万ユーロも700万ユーロも変わらなくね?」て感じですが、ポグバが編集長の投げ掛けに呼応する形で「変わらないよね!」と返してくるのか。注目したいと思います。

 

 

 

Samuel Luckhurst

ポール・ポグバも元にはPSGからも関心が寄せられているものの、「ユベントス移籍が本命」と伝えられている。

 

この所の報道を見る限りだと、ポグバの移籍先はPSGとユベントスの2択になっているようにも見えます。

編集長的には当初PSGが競合と聞いて「やばし!」と思っていたものの、どーやらそんな感じでも無さそうな雰囲気に。PSGの方がパーヒャク高年俸を提示してくる(もしくは提示している)と思うんですけど、意外とその辺は気にしないのかもしれませんね。

 

 

 

Ekrem KONUR

ユベントスはポグバに対して、年俸700万ユーロ、契約期間3年の条件提示をする準備を進めている。

 

すでにユベントスはポグバとの接触を許されていますが、実際にポグバサイドとはどこまで話が進んでいるのか気になる所。

実はユナイテッドは国内リーグ残り1試合となっており、最終戦は5月23日のクリスタル・パレス戦。その試合が終わればポグバの発言や動きもより活発に、具体的になると予想されるので、それまでに詰められる話は詰めておく事を編集長はオススメします。

感覚的には「リーチ・一発・ツモ・ポグバで満貫!」くらいのスピード感は望みたい所ですね。

 

 

 

Paolo Nonmollo

ユベントスとポグバの契約内容について、契約期間は3年で1年のオプションが付くが、オプション行使の権利はユベントス側が持つ事になる。

年俸は750万ユーロがベースとなり、そこにボーナス250万ユーロ付け加えられる。ボーナスに関する条件はポグバ自身に関する数字やパフォーマンスが半分、チームとしての目標達成が半分となる見込みだ。

 

かなーり具体的な数字も出てくるようになりました。

年俸はやはりユベントスが上下としている750万ユーロで、そこにボーナスを加える事でポグバのモチベーションを高めようと言う作戦のようです。

通常、この「ボーナス」や「買取義務発生の条件」については公になる事がほとんどなく、ポグバについてはどんなものなのかも気になる所。

恐らく「個人」については出場試合数や時間、ゴール数やアシスト数なんでしょうが、さて「チーム」としてはどんなものなのか。さすがに「CL出場権獲得」なんて低いハードルではないでしょうから、ドドーンと「CLベスト4」とか「スクデット」であって欲しいですね。

 

ちなみに2018-19シーズンの冬のマーケットでジェノアに買取義務付で移籍したチンピラーロに関して、移籍後初出場を果たした後すぐに完全移籍が発表されたので、恐らく「1試合出場したら買取義務が発動する」て内容だったんだと思います。スポルティングで1試合も出場せずにイタリアに戻って来ましたし、顔もトボケてるし頭も坊主だし、ジェノアサイドとしても保険として「1試合でも出場したら」て条件を組み込んだんでしょう。まぁ、チンピラーロの話はどうでもいいんだけど。

 

 

まとめ

少し前の記事でも書きましたが、トランスファーフリーでポグバを獲得できるとなると、予算をサイドバックとかサイドバックとかサイドバックとかに回す事が出来るので、編集長的にはポグバ獲得は賛成です。

ちなみに現在ユナイテッドで背負っている背番号6はオジーロが着けていますが、キャバ代1回くらい負担すれば譲ってくれると思いますので、そこは不安視しておりません。オジーロは6番から23番への変更で、スムーズに事は進む事でしょう。

<最新のユベらじ>

【最近の記事】

Thumbnail of new posts 074

: headline

【5/20最新・ヘッドライン】ユベントス、ラノッキアとの契約を延長へ!

ヘッドライン 5月20日 ユベントス、ラノッキアとの契約を延長へ! Romeo ...
Thumbnail of new posts 101

: 日々のニュース

【NEWSまとめ読み】チェルシー退団は決定的?ユベントスはジョルジーニョ獲得に向かっている…ほか

ジョルジーニョ Nicolo Schira ユベントスはここ数ヶ月の間、ジョルジ ...
Thumbnail of new posts 145

: 日々のニュース

【NEWSまとめ読み】ユベントス、「3年目のオプション」を付けてインテルのペリシッチ獲得へ!…ほか

ペリシッチ Gazzetta イヴァン・ペリシッチ(33)はユベントス加入に近付 ...
Thumbnail of new posts 180

: 日々のニュース

【現地情報まとめ】ユベントスとディ・マリアは「基本合意」に達している

ここ1週間くらいはディ・マリアとポグバと石田ゆり子の話題で占有されている編集長の ...
Thumbnail of new posts 124

: 採点

【この瞬間を見逃すな!】2021-22シーズン第37節 vs ラツィオ戦 採点

  これ、「キエッリーニにキャプテンマークを巻いてあげるボヌッチ」では ...
Thumbnail of new posts 191

: MIP

【この精神で来シーズンも頼みます!】2021-22シーズン第37節 vs ラツィオ戦 MIP

この日はロボとキュンの送別試合的な意味合いが強く、試合内容にフォーカスする方も少 ...