【スーパースターじゃない列伝】ロベルト・ペレイラ

 

記念すべき第1回にマルク・ユリアーノを送り込んだ挙句、ほとんど反響がなかった『スーパースターじゃない列伝』。それに懲りずに第2回も普段はあまり日の当たらない選手を選びました。その名も「ロベルト・ペレイラ」。

 

今回はユベ議室メンバーであるタカオ店長にご協力頂いております。

前回同様にサクっと軽めに読める長さにしておりますので、ぜひお楽しみください。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑

 

ロベルト・マクシリミアーノ・ペレイラは1991年生まれの現在31歳。ポジションはミッドフィルダーで、ユベントスには2014-2016までの2シーズンに渡り在籍。母国リバープレートでキャリアをスタートすると、2011-12シーズン開幕前にセリエAのウディネーゼに移籍。するとそこでの活躍を評価され、アッレグリ監督就任初年度の14-15シーズンにレンタルでユベントスに加入する事になります。

シーズン当初は前任コンテの3-5-2を引き継いだこともあり、ポグバ、ビダルの控え的な扱いで‘’メッツァーラ‘’での限定的な起用に終始するも、アッレグリが4-3-1-2に舵を切ったことをキッカケに‘’トレクァルティスタ‘’としての出番を増やし、シーズン終盤にはレギュラーに定着。得点力にはやや欠けるものの、献身性と潤滑油的な上手さ、そして『水を運ぶ人』として確固たる地位を築く。

 

ハイライトは第38節、ヴェローナ戦でのゴール。

このシーズンの活躍が認められユーベは買い取りオプションを行使。ペレイラはウディネーゼからの完全移籍を果たす事になる。

しかし翌15-16シーズン、アルゼンチンの同胞である「パウロ・ディバラ」が鳴り物入りでユベントス加入。ディバラとマンジュキッチのツートップを基軸とした3-5-2に回帰していくチームにおいて、徐々に出番を減らしたペレイラは翌シーズン、イングランドプレミアリーグのワトフォードへ移籍。大きなインパクトを残すことは出来なかった。

 

 

個人的な思い入れからペレイラを表すなら

 

『点の取れないファンタジスタ』

 

上記でも触れたように、トップ下を主戦場とする割りにシュートが下手で得点力はイマイチ。でもいつの間にかチームに欠かせなくなっている戦術理解度の高さとシュート以外の技術の確かさ。

 

そして私が愛するFC東京にもそっくりな選手がふたりいた。

 

羽生直剛と東慶悟

 

彼らにそっくりなのである。これは愛さずにはいられない。

今シーズン、ウディネーゼに戻ってきて、またも同胞の期待の星である「デ・パウル」とコンビを組むことになるも、確かな存在感を発揮しているペレイラ。これから先も大ブレイクすることは決してないであろうけども、確かな足跡を地味に残し続けていくであろうことは、確信して言える選手である。

文章・タカオ店長

 

 

【最新のユベントス・ライフ】