解説者レッレ・アダーニ「ヴラホヴィッチには気持ちよくプレーさせる環境が必要である。彼はまだヴィオラ時代のパフォーマンスを…」

 

 

 

 

【JuveFC.com】

サッカー解説者のレッレ・アダーニは、セリエA開幕序盤に見せたドゥサン・ヴラホヴィッチの強力なスタートに感銘を受け、決意のあるセルビア人がさらに大きな影響を与えるための提案をしました。

ヴラホヴィッチはトリノの重要な選手のままであり、今シーズンほぼ毎試合で得点しています。

ユベントスは彼の得点を必要としておりますが、元フィオレンティーナの選手は昨シーズン、不安定な時期を過ごしました。

怪我から復帰したばかりだったため、彼は最近のミラン戦にスタメン出場できませんでしたが、次の試合については、おそらくフェデリコ・キエーザとのパートナーシップが復活すると予想されています。

シーズンのセルビア人のスタートを追ったアダーニは、TuttoJUVEに引用されだ通り、次のように述べました。

「ヴラホヴィッチを気持ちよくプレーさせるためには、彼を幸せにさせる環境が必要であり、プレーすることを楽しんでいます。」

「彼は成長したいと考えています。私の意見では改善の余地があり、彼はユベントスでフィオレンティーナ時代のヴラホヴィッチをまだ見せていません。今シーズンは素晴らしいスタートを切りました。彼には多くを期待しています。」

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

以前から伝えられているようにキンタはフィニッシャーなので、いかにしてキンタにボールを繋ぐか、そしてキンタをどうやってフリーにさせるかがポインツとなりますが、その点でいえば、キー坊は「理想的なパートナー」と言えるかもしれません。

キー坊は切れ味鋭いドリブルからチャンスメイクが出来ますし、更に前線にスピードのあるキー坊がいる事で、相手のマークも分散する。

これが昨シーズンのように「実質ワントップ」となると、キンタにマークが集中する事で、自由を与えられず。よくよく振り返ってみれば、「そりゃ、キンタもブラブラソーセージになるよね」「そだねー」でございます。

そのキンタ&キー坊のキャンタマコンビですが、今週末のエラス・ヴェローナ戦では揃ってスタメン入りが濃厚。

ふにゃる事なく「カッチカチやどー!」なプレーに期待したいと思います。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...