監督との確執でユナイテッドを戦力外となるサンチョ、ユベントスは冬のマーケットで獲得を画策か!

 

 

 

 

【JuveFC.com】

ジェイドン・サンチョがマンチェスター・ユナイテッドの選手としての在籍は、彼が監督を公然と批判したことにより終わりを迎えつつあります。

この状況は彼のキャリアに影響を及ぼし、彼は新たなクラブを探す必要があります。

サンチョは今シーズンのマンチェスター・ユナイテッドのスカッド写真にその姿はなく、この現象は彼がマンチェスターを去る途中にあることを強く示唆しています。

ユベントスはこの一連の動きを、エキサイティングなウィンガーを確保するチャンスと見ており、サンチョの1月の獲得を検討しているとの報告があります。ただし、その取引に対する競争は激しく、他のクラブも興味を示しています。

TuttoJUVEの報告によると、バルセロナとボルシア・ドルトムントもこのイングランド人選手の獲得に興味を示しています。

これらのクラブは魅力的なサッカースタイルで知られており、それによりサンチョがユベントスよりも彼らのオファーを検討する方向に誘導する可能性があり、彼の将来の行き先が不確実になっています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

テン・ハグ監督との確執により、第4節から招集メンバー外となっているサンチョ。

その理由としては、「テン・ハグがサンチョの練習に向き合う姿勢に不満を持っているから」と伝えられておりますが、編集長としては「もしかしたら、サンチョが陰で『テン・ハゲ』って読んでいたのがバレたからなんじゃないか」と推測しています。

まぁ「んな訳あるかいっ!」ではあるのですが、兎にも角にもサンチョが冬に移籍することは確定的であり、そこにユベントスが乗るかどうかですが、ぶっちゃけ左ウィングをこれ以上獲得する必要はありませんし、それこそプックプッて、既存選手ならびにサンチョの不満を募らせる可能性が出てきます。

更に絶対的なレギュラーではないユッティも年内に戻って来ますので、サンチョ獲得は現実的ではないと考えます。移籍金も3000万ユーロくらいかかるかもなので。

月ユベとしては「サンチョ伊東」の愛称を与えて、ズラキャラで育てたい気持ちもありましたが、今回はチームのバランスを鑑みて手を引いた方がよろしいかと存じます。

 


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...