【Miniニュース】MFの補強を考えるユベントス、バイエルンで先発の座を失うゴレツカに関心か!

 

 

 

 

【JuveFC.com】

この夏、ユベントスの新テクニカルディレクターに就任したクリスティアーノ・ジュントーリは、マックス・アッレグリ監督のチームを強化できる一流のミッドフィールダーの獲得を目指しています。

しかし、フランク・ケシエとセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチを引き抜こうとするクラブの試みは無駄に終わり、経営陣は新たなプロフィールに頼る必要があります。

Sky Sport DEによると、ユベントスはこの夏バイエルン・ミュンヘンを離れる可能性がある、レオン・ゴレツカへの関心を再燃させる可能性があるということです。

関係者が説明したように、ドイツ人ミッドフィールダーはトーマス・トゥヘル監督が考える先発メンバーから外れており、クラブに新加入のコンラッド・ライマーが選ばれています。

したがって、28歳の彼は新たな提案を受け入れる構えを見せており、報告書は同選手がマックス・アッレグリ監督の戦術システムでうまく機能すると報じています。

同情報筋は、ユベントスに加えてミッドフィールダーの主な求婚者の一つとして、マンチェスター・ユナイテッドの名前を挙げています。

ゴレツカは2026年までバイエルンとの契約を結んでおり、シャルケとの契約満了後、2018年にフリーエージェントとしてブンデスリーガチャンピオンに加入しました。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

移籍金がかかるし、そもそもゴレツカがチャンピオンズリーグにも出場できないユベントスに加入するとは思えないのですが、何が起こるか分からないのかカルチョ・メルカート。

編集長としては「ゴレ塚」の愛称を用意して、吉報が届くのを待ちたいと思います。 知らんけど。



(記事終わり)


ヴラホビッチの働きには満足?それとも不満?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...