【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


【Miniニュース】ルカクはユベントスへの移籍に合意した!しかし保有権を持つチェルシーの判断は…



 

 

 

 

【JuveFC.com】

昨シーズンのコッパ・イタリア準決勝で起きた醜い出来事を受けて、ロメル・ルカクがユベントスと合流することは誰も予想できないことでしょう。

しかし、Corriere dello Sportの報道によると、ベルギー人ストライカーはすでにビアンコネリへの加入に同意したと伝えられています。

この情報筋は、老婦人が30歳の選手にシーズン当たりの年俸として800万ユーロ、期間は3年契約を提示したと主張しています。

ベルギー代表は昨年の夏、スタンフォード・ブリッジでの悲惨なシーズンを経てインテルにセンセーショナルな復帰を果たしましたが、彼のローン期間は先週終了しました。

ネラッズーリはジュゼッペ・メアッツァにストライカーを残すためにチェルシーとの契約交渉を続けていますが、ユベントスがこの争いに加わったと報じています。

ビアンコネリとブルーズは、ドゥシャン・ヴラホビッチの移籍の可能性についても交渉を行っています。

したがって、両クラブはルカクを交渉の一部に加え、トレードにすることで話を進めるかもしれません。

レポートによると、セルビア人の市場価値は7000万ユーロであるのに対し、ベルギー人の評価額は4500万ユーロだということです。

しかし、Corriere dello Sportが指摘しているように、保有権を持つチェルシーは、より多くの移籍金を提示するであろうサウジプロリーグのクラブにルカクを売却することを望んでいる、と付け加えています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

<ご案内>

タイトルの頭に【Miniユース】と付いている記事については、「編集長ミツひと言」が非常に短いものになることを、改めてお伝えさせて頂きます。

 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

もし、ユベントスがキンタを放出するのであれば、編集長的にはルカクのクーちゃん獲得は有吉弘行よりの有り。

「ルカクが来る、それはすなわち、ルカ来ールー!(アンタッチャブル山崎風に)」となることを期待しています。