【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


【Miniニュース】ユベントス、右サイドの補強にトリノのシンゴをリストアップか!



 

 

 

 

【JuveFC.com】

ユベントスはこの夏のマーケット期間中に、トリノディフェンダーの移籍の可能性を追求する中で、ウィルフリード・シンゴの名前をリストアップしています。

シンゴは長い期間にわたってユベントスの注目を集めており、セリエAにおける彼のポジションにおいてトップクラスの才能を持つ選手の一人とみなされています。

トリノはシンゴの残留を望んでいますが、同選手の現在の契約は今シーズン(2023-24)の終わりに満了となります。したがって、この夏はトリノにとっては、退団に向けて多額の移籍金を確保する最高の機会になると見られています。

昨シーズンすでにトリノからグレイソン・ブレーメルを獲得していたユベントスは、シンゴをチームに加えることに興味を示しています。

TuttoJUVEは、ユベントスがコートジボワール人ディフェンダーを獲得するためには、1000万ユーロの移籍金が必要であると報じています。

しかしユベントスは、シンゴの獲得を目指して、セリエA内外の他のクラブとの競争に直面すると予想されています。

最終的な決定は、プレイヤーの好みや利害関係者、そして提示する金銭的条件など、さまざまな要因によって決まることになります。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

クアマンの退団も発表されたいま、右サイドを任せることのできる選手は必要であり、そこに推進力のあるシンゴがハマれば大きな底上げになることは間違いなし。

とは言え、シンゴは人気銘柄。

争奪戦が繰り広げられることは予想されており、他のチームが好条件を提示したことにより、シンゴがユベントスに対して「あばよ!」とならないことを願うばかりであります。

 

 

えぇ、シンゴなだけに「あばよ!」ですね。

 

 

やかましいわっ!