【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


【Topics】ユベントスの4thユニフォームが、某Jリーグチームのものに酷似と話題に!



 

先日発表された2021-22シーズンの4thユニ。編集長もすっかり油断しておりまして、「えっ、このタイミングで4thユニかいっ!」て感じでビックリドンキりました。

今回はブラジルのストリートアーティストであるエドゥアルド・コブラ氏とのコラボにより生まれた作品で、青とオレンジを基調とした幾何学的なデザインでファンの間でも話題に。メンズについては、ソッコーでSOLD OUTとなった事でも人気の高さが伺えます。

 

 

しかしこのデザインが、フランスの「footpack」で『2019年の日本のクラブのユニフォームに似ている』と取り上げられる事に。

footpack

が取り上げたのは、2019シーズンにVフォーレン長崎が着用したもので、確かに似てるっちゃー似てますが、「青とオレンジと幾何学を掛けたら、全部似たり寄ったりに見えるっしょ」てレベルであり、念の為にお伝えしておきますと「パクリ」とかそう言う話にもなっていません。胸スポンサーが「Jeep」と「Japanet」で共に「J」から始まった事も、少しはがり似てる感を後押ししたかもしれません。

 

何にしてもユニフォームのデザインについては世界を見渡しても似たものが多く、言うなれば「この2枚のユニフォームより、ケディラとエムレ・ジャンの方が似てる」であります。

 

 

ちなみに2019シーズン、Vフォーレン長崎はJ2で12位と低迷。同じく今シーズンは国内リーグで苦しんでいるユベントスですが、さてシーズン最後に4thユニフォーム同様に派手な試合を見せる事が出来るのか。期待したいと思います。

 

うまくまとめたな、編集長!