(背番号は27?)ユベントス、ロカテッリ獲得を正式に発表!

すでに公式から発表されておりますので、月ユベで今更取り上げる必要もないかと思ったのですが、『日本語公式風味』を自負しておりますので、お届けさせて頂きます。

 

 

すでにトリノ入りしていたロカテッリに関して、メディカルチェックも無事にパスして、ユベントスの一員となる事が正式に発表されました。

伝えられている所ですと、契約は買取義務付きの2年ローン。最初の2年間(ローンの間)は無償となり、3年目に買い取った際に2500万ユーロの移籍金を支払う事になります。また、一定の条件をクリアした場合には1250万ユーロのボーナスが発生するようです。

ちなみに移籍金の支払いは買い取り後、2023年から3年を掛けての分割になるようなので、懸念されていた『キー坊の移籍金との同時支払い』『オジーロのキャバ代節約』は避けられた模様。交渉には長い時間が掛かりましたが、トータルで見ればユベントスにとって決して悪くない条件で着地したと言えるのではないでしょうか。オジーロも安心している事でしょう。

 

 

そして今回の移籍劇について、当初から「ユベントスでプレーしたい」と口にしていたロカテッリですが、早速ユベントスTVで現在の心境を話したようなので、そちらをお伝えさせて頂きます。

ロカテッリ

子供の頃からの夢がいま叶いました。ユベントスの一員となり、フィールドの上でファンを熱狂させる事を今から楽しみにしています。

 

 

そして冒頭にお伝えした通り、メディカルチェックでJメディカルを訪れたロカテッリですが、待ち構えていたファンに写真撮影やサインなどのファンサービスに応じる姿が届けられており、その際サインに『27』と添えている事が判明。

 

現地では早速「ロカテッリの背番号は27」と言う憶測を読んでおりますが、27と言えば3シーズン前にチンピラーロがスポルティングに島流しの刑に遭ってから未使用となっていた番号。チンピラーロの復帰待ちだったのか、それとも単に縁起が悪いから誰も着けなかったのは分かりませんが(間違いなく後者)、ロカテッリは『月刊ユベントスで最も愛された男のひとり』でもある、ステファーノ・チンピラーロの代名詞とも言える27番を着用する事になる模様。前任者のように、蝶のように舞い、蜂のように刺すプレーに加え、浅田真央ちゃんのような切れ味鋭いターンを見せてくれるのではないかと、期待に胸が高まります。

 

 

何にしてもこれでレジスタの位置がスッポリ埋まりました。開幕戦のスタメン出場は厳しそうですが、長いシーズン、ロカテッリがユベントスに勝ち点を、そして我々ファンには熱狂を与えてくれる事を期待したいと思います。

 

 

Welcome to JUVE!

 

 

Forza ロカテッリ!

 

【最新のユベ議室お題😎】

もうユベ議室加入に「待ったなし!」でしょう。