【ななめ読み】ブッフォンは2022カタールワールドカップ出場を目指す…ほか

DiMarzio

ブッフォンはあと2シーズン現役を続けたいと考えています。更にカタール・ワールドカップのメンバー入りを目指しており、パルマとの契約を結ぶ日が近づいています。

 

「現役続行か引退か」が囁かれていた松野さんですが、どうやら「99.999%は現役続行」で間違いなさそう(モンブラン先生風に)。そして行き先の最有力候補に挙がるのは、2020-21シーズンを最下位で終えた事により来シーズンから戦う場をセリエBに移すパルマ。

古巣をセリエAに押し上げて脱ぎ、セリエAで更にもう1シーズンプレーした後、カタール・ワールドカップで優勝して有終のパンツを飾る。これが松野さんの描く未来図でしょうか。

 

何度も口にしますが「ラスト・パンツは華やかに」。まずは現役続行が濃厚のようで、嬉しい限りです。

 

 

ロカテッリ獲得に向けて「2500万ユーロ+若手選手」でオファー

Corriere

サッスオーロはロカテッリ放出に際して4000万ユーロを要求しているが、ユベントスが用意できる現金は2500万ユーロまでとなる。その穴埋めとして、ロベッラ、ファジョーリ、ドラグシン、そしてフラボッタのいずれかの選手を交渉に組み込む事を考えている。

 

ユーロ初戦のトルコ戦でも高評価を得たロカテッリ。CEOのカルネヴァーリさんが「移籍先はユーロ後に」と口にしていはいますが、「いやいやお代官様、そんなキレイごとでカルチョメルカートは進まないでしょ」と思っているのは編集長だけでしょうか。

そして何よりも今はユーロ開催中。チームメイトが代理人となり、ユベントスにお誘いする事だって出来るのではないでしょうか。

ロボが「ユベントスは伝統あるビッグクラブだ」と魅力を伝える事も出来るでしょうし、キー坊が「実力次第で大きなステップアップをする事が出来るチーム」と背中を押す事もできるでしょうし、ポヌッチが「家出した中年男性の出戻りを許してくれるクラブ」とアットホーム感を伝える事もできるはず。

 

ユーロ終了後、マッハGo!Go!の速さでユベントス移籍が発表される事を願っています。

 

 

ユベントス守備陣再建の鍵はミレンコビッチ!

Corriere

アッレグリ・ユベントスにおける守備陣の強化に、フィオレンティーナのミレンコビッチを獲得する事を考えている。セルビア人センターバックは、移籍濃厚とされるデミラルの穴を埋める事になるだろう。

フィオレンティーナは2000万ユーロを要求し、ユベントスは交渉にルガーニの名前を組み込むかもしれない。

 

事あるごとにアバラル君に移籍の噂が挙がる中、その穴を埋めるのはミレンコビッチになるのでしょうか。

 

そのミレンコビッチですが、23歳と言う年齢ながらセリエでは多くの経験を積んでおり、すでに121試合に出場。パルチザンからフィオレンティーナに移籍した初年度(2017-18)こそ16試合の出場に留まったものの、翌2018-19は34試合、2019-20は37試合、そして今シーズンは34試合とセリエA全38試合のほとんどに出場。もはや「計算できる」と言う部分ではアバラル君を超えるかもしれず、『アフター・ロボ、アフター・ポヌッチ』まで考えると、適切な補強になるかもしれません。

って優香、フィオレンティーナ加入後は「怪我による欠場」がほとんど無く、鉄人であることも証明。もしアバラル君が移籍となれば、背番号28を継承して欲しいと思います。「鉄人‘’28‘’号」としてね。

 

 

アッレグリはベンタンクールを評価している

TuttoMercatoWeb

アッレグリはベンタンクールを評価しているが、ボールの扱いとポジショニングに改善の余地があると考えている。

 

兼ねてからヒロシは主任を指して「レジスタではない」と口にしていますが、さて新シーズンはどのポジションで起用するのか。個人的には4-3-3のインサイドハーフ(メッザーラ)でも面白いと思いますし、それこそ噂に挙がるロカテッリとツーボランチを組んでも主任の良さが発揮されると考えます。

昨シーズンはピャニッチからポジションを奪った事で一気にファンからの期待値が上がりながらも、今シーズンはポルト戦でのミスもあり「なんだかなぁ(阿藤快風に)」な評価となってしまった主任。来シーズンこそ、ヒロシに適正ポジションを見出してもらい、係長昇進を果たして欲しいと願います。

 

 

まとめ

トルコ戦で右サイドバックとしてスタメン出場したフロレンツィが、筋肉系のトラブルで次節スイス戦に黄色信号が灯っている模様。こう言う時に、幾つかのポジションを賄えるユーティリティプレーヤーがいると監督は助かるんですけどね。

イタリア代表だとヤル気もありそうですし。

 

 

【最新のJuveTube🎥】