【あとはラツィオ側との交渉のみ!】ミリンコビッチ=サビッチは行き先にユベントスを選んだ

この夏のマーケットについては、例年に比べて同じ選手の名前が何度も何度も挙がっているような気がします。ザニオーロ、ラスパドーリ、そしてミリンコビッチ=サビッチ。どの選手も移籍金が発生する中、ことミリ=サビに関してはドドーンと7000万ユーロとも言われておりますが、そんな大金をユベントスは、払うかな、払うかな、ハテハテホホー(ハテホホー)。

 

 

TuttoMercatoWeb

ミリンコビッチ=サビッチは移籍先としてユベントスを選んだ。

しかし、ラツィオがセルビア人ミッドフィルダーにつけた7000万ユーロのプライスタグが、ユベントスにとって獲得に向けた大きな障害になる事は間違いないだろう。

 

ハテハテホホーりそうですね。えぇ、ホホりそうですよ。

 

 

まず、ミリンコビッチ=サビッチとラツィオの契約に関して触れておきますと、2024年6月までとなっておりまして、もしミリ=サビが契約更新しない旨を表明していたとしても、「今シーズン終了後に必ず放出しなくてはならない」と言うタイミングではなし。逆に契約が2年残った段階で、選手も契約更新する・しないを口にはしないと思いますが。

では、なぜこのタイミングでミリ=サビの名前がこれだけ出るかと言うと、それは「年齢にある」と編集長は考えています。

ミリ=サビは1995年2月27歳生まれの27際になったばかりの選手で、まさに「脂の乗った年齢」と言えます。恐らくはここから2年から3年に掛けて、選手としても最も輝くに違いありません。

そしてモチのロン、それはロティート(ラツィオCEO)も分かっており、その「最も脂の乗った状態=最も高値の付くタイミング」で売却したいと考えるのは経営者では当然の判断。そしてミリ=サビに7000万ユーロのプライスタグが付けられるのも、あたり前田のクラッカーと言えばクラッカーなのであります。

 

 

今シーズンのユベントスボランチ陣を鑑みると、得点に絡むシーンとスマイルが少ないのは明らかであり(スマイルが足りないのはカリメロのみ)、そこに今シーズンすでに9ゴール・11アシストのミリ=サビが加入となれば、大きな底上げに繋がる事は間違いなし。

この冬、キンタに7000万ユーロをぶっ込んだユベントスですが、またしても大金をハテハテホホるのか。その動向に注目したいと思います。



(記事終わり)

※下段に「コメント欄」あり。ぜひ、感想等をお残し下さい!

【月ユベ周りコンテンツ】

ユベらじ  |  ユベントス会議室  |  Twitter  | 
 |  Instagram  |  編集長ミツのオススメ商品  | 
 | amazon欲しいものリスト  |  giftee  | 



【最近の記事】

Thumbnail of new posts 007

: Majiニュース

【Majiニュース】現地弁護士「ユベントスがターゲットにあげられる理由は‘’成功者‘’が故である」

    【JuveFC.com】 ユベントスは、ここ数シーズ ...
Thumbnail of new posts 094

: Majiニュース

【Majiニュース】次節サレルニターナ戦、ユベントスはニコルッシに注目する。買い戻しオプションも…

    【JuveFC.com】 昨夏、ハンス・ニコルッシ・ ...
Thumbnail of new posts 081

: プレビュー

【はじめの一歩を踏み出そう】2022-23シーズン第21節 vs サレルニターナ戦 プレビュー

      勝ち点15をカツアゲされた上に、給与操 ...
Thumbnail of new posts 155

: テキストNEWS

【プチNEWS】2/7付け最新(SKY)サレルニターナ戦 スタメン予想

プチNEWS   2/7付け最新(SKY)サレルニターナ戦 スタメン予 ...
Thumbnail of new posts 010

: Majiニュース

【Majiニュース】ユベントスはキエーザとヴラホビッチに必要以上の金額を支払っている

    【JuveFC.com】 現在、ユベントスは望まれな ...