【Miniニュース】ユベントス、ヴィオラ移籍が近づくパリーシを諦めず!獲得に向けて最後の試みを…



※記事を書いた後、パリーシのフィオレンティーナ移籍に「当確」が出たのですが、もったいないのでそのままアップしちゃいます。

まぁ、月ユベだし問題ないっしょ。

 

 

 

 

【JuveFC.com】

この夏、ユベントスはベテランのアレックス・サンドロから役割を引き継ぐことができる、新しい左サイドバックとの契約を検討していると伝えられています。

ここ数週間で、ファビアーノ・パリーシが同役の主要候補者の一人として浮上していました。

若く、イタリア人で、才能に恵まれた22歳は、クラブの現在のプロジェクトに完璧にマッチしているとき考えられています。

しかし何らかの理由により、ビアンコネリは現在エンポリのスター選手獲得競争において、フィオレンティーナに後れを取っていることに気づいています。

ヴィオラはトスカーナのライバルで躍進を遂げた、イタリアU21選手を獲得するための最有力候補となっています。

しかしLa Nazioneによると、ユベントスはまだ白旗を上げておらず、老婦人がフィオレンティーナを追い越す最後の試みを開始すると予想しています。

このサイドバックはエンポリと2025年まで契約を結んでおり、彼の市場価値は約1500万ユーロになります。

この若いイタリア人選手はベネベントでキャリアをスタートさせた後、アヴェッリーノに移籍し、2020年にエンポリと契約を交わしました。

トスカーナでの最初のシーズンにクラブの昇格に貢献しており、2021年以降はセリエAで最も有望な若手の一人として注目を集めています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

 

<ご案内>

タイトルの頭に【Miniユース】と付いている記事については、「編集長ミツひと言」が非常に短いものになることを、改めてお伝えさせて頂きます。

 

 

【編集長ミツひと言】

報道を見る限りだと「9割方フィオレンティーナへの移籍が確実」といった状況ですが、さてユベントスは土俵際で粘りを見せることができるのか。

編集長としても、パリーシに対して「パシリ」の愛称をすでに用意しておりますので、ユーベにはギリギリガールズまで粘って頂くことを期待しています。

ちなみに、上下関係的には「ガッツさんのパシリ」となる予定です。知らんけど。