復帰を目指すキエッリーニ:「ボク達は成長しなくてはならない」

復帰を目指すキエッリーニ:「ボク達は成長しなくてはならない」

第2節を前にした練習中に、右ひざ前十字靭帯を負傷し長期離脱を余儀なくされているキエッリーニは、それでもチームに帯同して選手たちを勇気づける姿をファンに見せています。

そのユベントスのキャプテンが Sky Sport Italia のインタビューに答えたので、その一部を紹介させて頂きたいと思います。

 

監督のコンテ、そしてインテルの選手たちは素晴らしく、今シーズンはこのような展開を予想していたし、何も驚く事はないんだ。

 

続いて、首位を明け渡したチームに関しても触れました。

我々は更に成長しなくてはならないが、開幕戦が終えた際に伝えた通り、サッリのサッカーが形になってくるのは1月からであり、そこからが本当の勝負になると考えているよ。

開幕後の1ヵ月半は良い状態を保てており、そのままの調子でインテル戦を迎える事ができたね。現時点ではあの試合が今シーズンのベストゲームに挙げられるだろう。しかし、その後に少しずつコンディションが低下してきたけど、それはある程度は想定内だったと言っていいだろう。

 

最後に「サッリズモ」についてもコメントを残しています。

確かに開幕して3か月の間、全てが満足のいく内容ではなかったものの、勝ち点を積み重ねられたのは重要な事だ。そして今後も、サッリが求めるサッカーを体現すべく、ハードワークを続けるのみだよ。

 

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出を決めたユベントス。しかし、決勝トーナメントだけではなく、首位を明け渡した国内リーグにおいても、キエッリーニが復帰すると言われる2月~3月に掛けて、本当の意味での厳しい戦いが待っている事は間違いありません。

その時にキャプテンはチームに何をもたらし、そしてチームは何をキエッリーニに与える事が出来るのか。

今後の動向に注目しましょう。

 

まとめ

確かにポヌッチはポヌッチで良くやってくれてはいるけど、やっぱりユーべのキャプテンは‘’ロボ‘’ですよ‘’Robo‘’!

一昨日のサッスオーロ戦では松野さんのプレーに批判が出ているけど、それでもベテランがチームに与える影響は大きいと思っているし、それこそこれから迎える大きな大きな一戦において、ロボも松野さんもチームに欠かす事のできない‘’選手‘’である事は間違いない。

フットボールはピッチ上の11人だけではなく、監督、スタッフ、ベンチメンバー、そしてファンが一体となって戦うスポーツだと思っている。だからこそ『俺たちのキャプテン』であるロボには、チームが一番苦しい時に戻って来て欲しいと願っています。

 

待ってるぜ、ロボ!

 

 

楽しみにしてるぜ、ロボ!

 

 

また一緒に戦える日を!

 

 

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

スポンサーリンク