【イカルディはインテル残留となるのか!?】最近のユベントスまとめ(2019年8月27日号)

最近のユベントスまとめ(2019年8月27日号)

[ワンダ・ナラ]‘’マウロ・イカルディはインテルに残りたいと考えており、彼に届いたいかなるオファーにも断りを入れました。ユベントスはマウロとは話をしておらず、私と会談の場を持ったのみです。‘’

 

なにがなんだか分からないし、これが真実なのかも分からない。ただし、移籍期限まで1週間を切った状況の中で、背番号9を剥奪されてまでイカルディがインテルに残る理由は何なのか。それは分からないが、個人的にはアタッカーとして優秀な選手だと思っているので頑張ってもらいたい。ただひとつ「うちにも背番号9を剥奪されたけど、それにも挫けずに開幕スタメンを勝ち取った選手がいるんだぞ。しかもハゲてるのに。だからお前も頑張れ」と、ハゲていないイカルディに伝えたい。

 


 

[ジョルジュ・アントゥン(ディバラ代理人)]パウロはこの瞬間を楽しむ必要がある。ただし、未来については分からない。PSG?パリに旅行をする予定はない。

 

[TMW]ユベントスが獲得を目指しているバルセロナのフアン・ミランダだが、シャルケへの2年ローンでの移籍が近付いている。

 

[TMW]ユベントスは今夏でのペリンの売却を諦め、1月のマーケットで再度トライする事になるだろう。

 

[パラティッチ]‘’例え私がマロッタと同じテーブルについたとしても、それは形式上のものに過ぎず、ディバラとイカルディの交換トレードは起こり得ない。‘’

 

[Tuttosport]パラティッチはPSGのレオナルドと会談の場を持ち、2つの交換トレードの可能性について話し合った。ひとつは「エムレ・ジャンとドラクスラーまたはディ・マリア」で、もうひとつは「ピャニッチとヴェラッティ」である。

 

[CorSport]スパーズは1月の移籍市場で、再度ディバラ獲得に向けて動くかもしれない。

 

[Sky]エリクセンは移籍ウィンドウが閉じる9月2日までにスパーズを離れ、そしてその行き先はレアル・マドリーになるだろう。

 

[Tuttosport]ユベントスは今夏にエムレ・ジャンを放出する可能性が出てきた。選手にはこれまでも噂のあったバルセロナに加え、PSGとバイエルン・ミュンヘンの名前も挙がっているようだ。

 

 

[カッサーノ]‘’俺はコンテのサッカーが好きだし、今シーズンは間違いなくユーベを追い込むだろう。そして最後にスクデットを手にするのもインテルだと予想している。‘’

 

[Official]白血病を患った事を発表したミハイロビッチは、診断後40日にも関わらずベローナ戦のベンチに座った。

 

 

まとめ

・夏のマーケットクローズまで残り1週間。プレミアの移籍期限が終わった事でなんとなく穏やかな感じがしなくもないけど、実はマーケットが熱々ジュージューハンバーグになるのはこれからなのよ、お父さん。むしろ今は『嵐の前の静けさ』であり、そして『嵐の素顔』は工藤静香であり、結局のところパラティッチもレオナルドもヨメルディも誰も彼も素顔を見せていないという事。キュンがPSGに移籍するのか、ナスJが他のビッグクラブに引き抜かれるのか、プリンはチームに残ってピンちゃんごときの控えに甘んじるのか、全てはこの一週間であり、勝負はこの7日間になり、それはすなわち「ぼくらの七日間戦争」である。泣いても笑ってもイグアインが更にハゲても、本当の意味での今シーズン戦うメンバーはそこまで決まらない。でも、それまでにあまりに熱を帯びてしまったらこう叫ぶがいいさ。

 

 

ハンバーーーグ!

 

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

【編集部より】

諸事情により当面の間、Twitterを使っての更新通知を止める事にしました。今後はブックマークや検索サイトから月ユベにアクセス頂けると嬉しいです。