2018年10月号(最終更新10/31 23:10)

2018年10月25日のNews

愛称は「ナカータ」で

オランダ1部リーグのフローニンゲンでプレーする堂安に対して、プレミアのマン都市ちゃん、リーガのアトレティコ、そしてセリエAのユベントスと各国の強豪チームが獲得を考えていると報道されている模様。

堂安は昨シーズン移籍したフロー二ンゲンで31試合で10得点、更に先日行われた日本代表対ウルグアイ代表の試合でも1得点1アシストを挙げた事により、欧州の強豪からも注目を集める事になったと思われます。そしてフロー二ンゲンは少なくとも今シーズン中の移籍は阻止したい所ではあるものの、魅力的なオファーが届けば「放出はやむなし」との構えとも言われております。長いスパンで見れば、ユベントスが獲得に乗り出す確率は決して0%とは言えないでしょう。

 

 

確かにユベントス初となる日本人選手誕生となれば純粋に嬉しいけどねー。

 

ただ、まだ20歳だしねー。

 

どーあんですかねー。

 

 

 

 

えっ

 

まさかのダジャレ?

 

 

 

あえてね。

 

 

 

 

隣の

ユベントスはブレシアに在籍するサンドロ・トナーリに興味を持ち始めている模様。

トナーリは18歳のプレーメーカーで、『ピルロ2世』とも揶揄されるスキルフルで、U-19ユーロのイタリア準優勝の立役者ともなった選手。セリエAのインテル、ローマ、ナポリ、そしてプレミアのチェルシーまでもが獲得に動いていると言われております。

 

まぁ、「ピルロ2世」でも「サンドロ2世」でも「アレックス2世、それはすなわち偽アレ」でもいいのですが、とりあえず名前が『トナーリ』つーことで、ユーベに来たら愛称は『トトロ』に決まりです。

 

 

♪トナーリのトトロ トトロ

 

♪トトロ トトロ

 

 

 

だから何なんでしょうね。

 

 

マン連戦採点 別記事

マン連戦の採点をアップしました。

 

 

鉄っちゃん

「ロナウドを追ってユベントスへ」と言われていた石立鉄男ですが、その噂に関して自らワカメスキスキりました。

ユベントスからのオファーだって?ボクの元にはいかなるオファーも届いていないよ。

それにボク以上のマドリディスタがどこにいると言うんだい?

 

分かります、分かります。フリですよね。メンディの去就次第ではありますが、場合によっては来夏に『ユベントスの石立誕生!』の報が届いても良いように、諸々の準備(イタリアにワカメがあるのとか)を進めておきます。

 

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)