2017年9月6日の月刊ユベントスNEWS

2017年9月6日の月刊ユベントスNEWS

そんなヒロシに騙されて

昨日突如として、セリエA開幕2戦連続スタメンなのにCLのメンバーから外されるなんて受け入れ難いからベジクタシュに移籍しタイナーランキング1位に躍り出たリヒトシュタイナーですが、最終的にはユベントスに残留して、引き続きヒロシからの騙し討ちに耐え抜く道を選んだ模様。

熊しか思いつかなかった

W杯予選のイスラエル戦との一戦に臨んだイタリア代表ですが、1対0と言う高倉健さんバリの渋いスコアで勝利を収めました。
ユベントスからは松野さんと熊五郎がスタメンフル出場を飾り、ベルナルデスキは終了前の3分間のみ出場。ドンチャック(アタランタにレンタル中)とアゴ2号は出場機会無しとなりました。

知らない方は「ゴージャス松野」で検索して下さい

そのイスラエル戦で松野さんはヨーロッパ記録となる代表171キャップを更新し、「目が離れていて視野が必要以上に広い人でも、サッカーで大成する事ができるんだ」と、世界中の松ラーの方々に夢と希望と感動を与えてくれました。

ピッグリしたなぁ、もー

そしてジャンルイジの方の松野さんですが、スペインのMARCA紙からの『これまで対戦した中で1番苦しめられたストライカーは誰?』と言う質問に対して、「ポルトガルではなく、デブの方のロナウドだね。彼はパーフェクトな選手で、パワー・スピード・直感的なテクニックとスキルがあり俊敏だった。当時はビックリする選手だったけど、今はピッグリするデブになったね」と、茶目っ気タップリ・お肉タップリな回答をした模様。

Pとして

ピヨ太郎の新曲の振り付け中に膝をケガしてしまったナスビ大魔王ですが、昨日のノルウェイ戦で途中出場を果たし、元気な馬面を見せて今週末のキエーボ戦での出場が可能である事をアピールした模様。