【作詞作曲:小室哲哉】2017-18シーズン第21節 vs ジェノア戦 採点

2017-18シーズン第21節 vs ジェノア戦 採点

▶選手の愛称が分からない方はこちらを参照下さい→(選手名鑑逆引き選手名鑑)

ユーべドリフターズ5にヘッシー入れたいんですが、6人にしたらマズいですかね?

 

コブタニー 3.5

マンチェスター都市ちゃんの試合を見ていた時に、ふと「デ・ブライネがブタッ鼻」だと言う事に気付いて、CLで直接対決となった際にはコブタニーとデ・ブライネでコブダービーだと思ったんですが、スパーズに勝てないだろうから関係ないですね。

 

エポック 3.0

後半は積極的に攻撃参加して決定機を演出するが、ドリブルで切り込む横の動きがあったので、膝への負担が大きかったのではないかと心配。

 

ロボ 9696

松野さんの伝統芸であるクルクルチャンスを披露。まだまだ「愛しさ」と「切なさ」と「心強さ」は足りないが、シーズン中の完成に向けて頑張って欲しい。

 


この画像には切なさしか感じません。

 

エナティア 3.5

後半終盤に、ロボが相手選手にブチ当てて無理やりワン・ツーを強要してきたが、落ち着いてコブタニーにヘディングでバックパスして事なきを得た。この試合で結成されたユーべドリフターズ5に関しては、いったんいかりやロボ介がリーダーとなったが、次のリーダーの座も狙って欲しい(その際は名前がエナティア長介に変更となります)。

 

三代目 2.5

ユベントスNo.1ダンディは誰だ?選手権」でまさかの1票も入らず。まだ間に合うので誰か投票してあげて下さい。

 

アゴイチ 3.0

「アゴ1号」から「アゴイチ」に改名して最初のゲームとなったが、これまでの「1号・2号」の立ち位置からピンになった事により不安もあったのか、若干プレーに精彩を欠いた。

 

ナス大 1.5

顔の無駄な長さを活かすことが出来ず。面白さが全く感じられずに残念な結果に。

 

松ちゃん 3.5

ロボのクルクルチャンスを演出し、最後は想定外に飛んできたボールをヘディングで再度ロボ方面に返すというファインプレーを見せた。ちなみにその瞬間「急にあぶねぇな」と言っていた事を、月ユベ編集部は聞き逃しませんでした。

 

布袋 3.0 

この試合もノー袋となったが、ポルコの超絶ポンコツっぷりをカバーしていたので、致し方ない部分もあると考えている。ただし、月ユベとしてはノー袋でも構わないので、せめて半ケツくらい位は見せて欲しい。

 

藤田 4.0

改名後初試合でゴールを挙げて、世界に藤田の名前を轟かせた。つーか「藤田」って書くと「まこと」に繋がるのは私だけですかね?

 


コスタは「まこと」の方の藤田ではなく、「ニコル」の方の藤田です。

 

ポルコ 0.0

圧倒的に豚だった。ノーゴール記録も6に伸ばし、近いうちにヘベメーターに代わりポルメーターが登場する可能性も出てきた。こうなったら、名前をポルコスキーにでも改名して、冬のマーケットでどっかのチームに売りつけるのも良策かもしれない。つーか、この名前ならチェルシー辺りが間違って高値で買ってくれそうな気もするが。

 

熊さん 4.5

残り数分で登場して、新ユーベドリフターズ5の最後のピースを埋めた。リーダーはいかりやロボ介が務める事となったが、熊本工事としてドリフの体操部門を支えて欲しい。

 

 

チンピラーロ オス、オラ59

【この日のチンピラーロ】
パスミス×1、パス成功×1、パスカット×1、ヘディング×1、ズッコケ×1。

ストゥラーロの一挙手一投足をメモしているのは月ユベくらだいと思います。

 

師匠 5.0

これと言った見せ場はなかったが、師匠がいる事による「愛しさ」と「切なさ」と「心強さ」は計り知れない。

 


ある意味心強いです。

 

 

交代で出てくる選手が「チンピラーロ、師匠、熊さん」って、他のビッグクラブでは拝むことのできないレベルの選手ですよね。