【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


スチェスニー後を考えるユベントス、ビジャレアルのゴールマウスを任されるフィリップ・ヨルゲンセンに注目か!



 

【JuveFC.com】

ユベントスは、今シーズンビジャレアルでブレイクした若手ゴールキーパー、フィリップ・ヨルゲンセンをスカウトしていると報じられています。

この21歳の若手は、マルメでキャリアをスタートさせた後、マジョルカのユースアカデミーで経験を積みました。その後、2015年以来はビジャレアルでスキルを磨き、着実に評価を高めています。

今シーズン、この守護者はイエローサブマリンズのレギュラーとして自らを確立しました。彼はこれまでにリーガで29試合に出場し、52ゴールを許し、その過程で4回のクリーンシートを記録しています。

イタリアのサッカージャーナリスト、マッテオ・モレットによると、ユベントスは最近、ヨルゲンセンを観察するためにスカウトを派遣したとのことです。

彼はファブリツィオ・ロマーノのデイリーブリーフィングのコラムでそのニュースを明らかにしました。

しかし、ビアンコネーリがデンマーク人のサインを手に入れるためには、厳しい獲得レースが待ち受けることになります。

 

 

モレットの説明によれば、このゴールキーパーにはヨーロッパ中から注目が集まっています。例えば、プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッドやウルヴァーハンプトンが彼に注視しています。

さらに、ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントやバイヤー・レバークーゼンも、このデンマーク人選手を追加したいと考えています。

ヨルゲンセンはスウェーデンで生まれ、U16とU17のレベルで国を代表しました。しかし、後に彼は国際的な忠誠心を変え、U20とU21のデンマーク代表としてゴールを守っています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓