【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


【mini NEWS】カリアリ戦でゴールを決めたルガーニ「スポットライトが当たらない選手も重要な役割を果たしている」



 

【ルガーニ】

アレッグリの強みは、どんな局面においても冷静さ、ポジティブさ、エネルギーを持ち合わせていることです。彼はこれを自身のキャリアで何年もにわたり実証してきました。そして今、彼は穏やかな気持ちでインターナショナル・ウィークを迎えることでしょう。

スポットライトが当たらない選手たちもロッカールームで重要な役割を果たすことになります。

インテルについて?私たちはみんなプレッシャーを感じており、この試合で手にするポイントには重みがあります。まだ多くの試合が残っており、挽回する時間は残されていますが、この試合で勝てば大きな意味を持つ3ポイントを手にすることになります。

インターナショナル・ウィークに入る前に、少し落ち着いた時間を過ごすことになりますが、これはバッテリーを充電し、インテル戦で最高の状態で臨むために役立つでしょう。

コーナーキックから得点できて非常に嬉しいです。今年はセットプレーからのゴールが少なかったので、グレイソンもそれを求めており、私たちは試合前にそれについて話をしていたところです。

 

 

今シーズン、まさに「困った時の揉太郎」であることを証明している揉太郎。

もはやレギュラークラスと言っても過言ではありませんが、編集長が好きなのは「世界ナンバーワン第4センターバックの揉太郎」であり、普通にスタメン出場して、普通に活躍する揉太郎については、ぶっちゃけ「おいらの揉太郎じゃない!」と思っています。

その辺を認識の上、適度に活躍する姿に期待したいと思います。

 

やっぱり相棒がいないのと厳しいのかな…。

mini NEWSnews

Posted by 編集長ミツ