【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


元イタリアU-21監督ニコラート「モイズ・キーンはウィングではなく、センターフォワードとして能力を発揮する選手である」



 

 

 

 

【JuveFC.com】

モイズ・キーンの今シーズンのユベントスでの道のりは興味深いものです。

得点が難しいものの、最近数週間におけるパフォーマンスは向上しており、ゴールが唯一の抜けているピースとなっています。

シーズン開幕当初はドゥシャン・ヴラホヴィッチとフェデリコ・キエーザが主力と考えられていたにも関わらず、キーンは最近の試合でより多くの出場時間と信頼を確保しています。

ストライカーは得点で目立ってはいないものの、彼のフィールド上の動きや認められなかったゴールは、チームへの貢献を示しています。

マックス・アッレグリがキーンに対して信頼を寄せることは、監督が選手の能力を信じていることを反映しています。

イタリアU21代表の前監督、パオロ・ニコラートによれば、キーンはトップストライカーだけでなく、ウィンガーとしても優れた能力を備えていますが、彼の真の力はストライカーの役割にあると主張しています。

TuttoJUVEで引用されたように、ニコラートは次のように述べています。

「キーンについて? 彼は平均を上回る爆発力があり、スペースをうまく活用しています。 カウンターアタックに向いている選手です。」

「彼はユベントスで良い仕事をしており、アッレグリが求めるプレースタイルと哲学に非常に適しています。 」

「彼はセンターフォワードです。 ウィンガーとしての能力がありますが、ゴールに向かうプレーを得意とするため、センターフォワードとしてより優れていると考えます。」

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

今シーズン、いまだノーゴールのアラレ。

エラス・ヴェローナ戦では2度ゴールネットを揺らしたものの、2度に渡りVARで取り消され、いまだゴールが記録されていない状況。

しかし、ユベンティーニであればアラレのコンディションが良く、今シーズンの初キーーーーンちゃ!が近いことも認識しているに違いありません。

そして今回の記事で触れられいるアラレのポジションについては、今シーズンのユベントスは3-5-2を採用しているのでウィングとか何とか関係ないのですが、恐らくニコラートさんが伝えたいのは「ストライカーだから、そろそろ点を取るよ」ってことではないかと予想。

いや、実際にはどんな意図があるのか分かりませんし、我ながらちょっと適当に言っちゃったな感はあるのですが、それだけアラレの調子が良いのは間違い無し。

まぁ、ストライカーの仕事はゴールだけではありませんが、それでもアラレにしてみれば早めにひとつんチャりたいのは事実。

明日のカリアリ戦では、今シーズンの初んチャ!が見られるのではないかとMajiで期待しています。

でも「んチャ!」って動詞なんですかね。知らんけど。

 

今シーズンのキーンは何ゴール決めると思いますか?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...