【Goal Italia】レッチェ戦 採点

  • 6.5:マッケニー、ミリク、キエーザ
  • 6.0:スチェスニー、ルガーニ、ガッティ、ダニーロ、ファジョーリ、コスティッチ
  • 5.5:ブレーメル、ラビオ
  • 5.0:ロカテッリ、カンビアソ
  • s.v.:ウェア、ミレッティ、ヴラホビッチ

 

 

 

 

チーム最高の6.5には、ウッディ、キー坊、池崎の3人が名を連ねました。

その中でまず取り上げたいのは、今シーズン初スタメンで初ヒーハーを記録したウッディ。

試合を通してみれば、ちょっとブレーキになっていた時間帯もあったものの、この記事で書いた編集長の期待に応える形で値千金のゴールでチームを救うことに。

 

試合後にはユベントスサポーターから

 

 

 

オモチャは箱を飛び出して、踊るオモチャのチャチャチャ♪

 

 

 

のコールが飛んだとか飛ばないとか。

 

 

 

 

飛ぶかいっ!

 

 

 

 

そしてもうひとり6.5からご紹介させて頂くのは、右ワイドでイェイェイ言わせていた池崎。

開幕前は放出候補と言われながらも、今日のレッチェ戦で4試合連続でスタメン出場。

北島ほどの縦への突破は見られないものの右サイドで起点となり、ゲームに落ち着きをもたらせました。

当初は懸念されていた右ワイドですが、池崎がフィットしたことにより、むしろ「競争激化」のポジションになることが予想されます。

 

 

 

 

いぇぇぇぇぇえええええい!

 

 

 

 

 

最後にチーム最低は出木杉くんとイソップの5.0ですが、編集長的には「そんなに悪くなかったんじゃない」って思っています。

ただ、実際に出木杉くんについては、シズカちゃんの入浴シーンの覗き疲れが出ているかもしれませんので、どこかでファジョリーなりラビちゃんをアンカーでスタメン出場させるなりして、休息を与えると同時に、チームにひとつアクセントを与えるのも良いかもしれません。

 

 

 

 

まとめ

直近2シーズンにおいては「ここで勝たないとヤバい流れになる」って試合で、ことごとく勝てなかったユベントスですが、好調レッチェ相手に試合内容はイマイチとは言え、しっかりと勝ち点3を手にしたことは今後に繋がることは間違いありません。

特にシーズン終盤には「勝ち点剥奪タイム!」が待ち構えている可能性もありますので、シーズン序盤で勝ち点を取れるだけ取っておいていただきたいと願います。

ヒロシも喜びを爆発させたいのに、隠すに隠し切れない感じですな。

ちなみに光の加減で、頭部がヒヨコみたいになっています。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...