【世にも奇妙な物語】2020-21シーズン第2節 vs ローマ戦 プレビュー

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

さてさてさて。

開幕戦を3対0で快勝しただけではなく、内容も満点パパでサポーターからの期待もMAX村井な新生ピルロユベントス。第2節はローマを倒す為にスタジオオリンピコに乗り込みます。

 

しかし開幕連勝を目指すチームの前に立ちふさがるローマですが、今シーズンは早くも‘’掴み切れない部分‘’が見えており、ユベントスも苦戦必至。開幕のヴェローナ戦において、ローマ公式では「0対0の引き分け」と発表されているものの、Googleでの結果では「0対3でヴェローナ勝利」に。

ローマ公式Twitterでは0-0の引き分けに。

 

しかしGoogleで検索すると3対0でヴェローナ勝利に…。

 

 

さてさて何があったのか分かりませんし、もしかしたらGoogleがぶっ飛んでしまったのかもしれません。確かにカルチョの世界は奇妙な事ばかりであり、「シャビ・アロンソが来る」と言われていたのに蓋を開けたらポウルセンだったり、家出して一生会えないと思った人が1年後にひょっこり戻ってきて更には背番号19を悪びれもなく着用したり、それこそスクデット獲得したはずなのに翌シーズン戦う舞台がセリエBだったり、『世にも奇妙なセリエA』では何が起こるか分かりませんし、そして何が起きてもおかしくありません。今回の「ヴェローナ対ローマのスコア」についても、後世に『世にも奇妙な物語』として語り継がれていくに違いないでしょう。

 

 

じゃ、そろそろロマニスタに怒られそうなので、スタメン予想に移りまーす。(ヴェローナ対ローマの試合結果の真相を知らない方はこちら参照

 

 

<スタメン予想/3-5-2>

GK:コブタン
DF:オジーロ、ポヌッチ、ロボ
DMF:池崎、ラビ彦
OMF:クアマン、吉田羊、フラボッタ
FW:ミノル、キーちゃん

※上記SKYの予想では11人全員が前節と同じ顔ぶれとなっております。

 

GKは2戦連続でコブタン。開幕戦では幾つかチンピーな場面がありましたので、この試合でも引き続き油断する事は出来ません。スリーバックはオジーロ(39)、ポヌッチ(33)、ロボ(36)のオッサンズLOVEが名を連ねますが、この試合でもオジーロが果敢にオーバーラップを掛けて、「えっ、いま後ろにいるのポヌッチとロボ2人だけ?カウンター喰らったらヤバくない?」と言うロマンティックを奏でてくれる事に期待。

中盤5枚の中で注目は左サイドのフラボッタ。このままAチームでのプレーが続くのであれば月ユベとしても愛称を付けざるを得なく、そのヒントとなる小ネタが欲しい所。「至近距離から味方めがけてキャノン砲をお見舞いする」でもいいし、「ゴール前で嘘転がりしている間に失点」でもいいし、「実は試合前日の夜はママのおっぱいを飲んでる」でもいいし、何かしらインパクトのあるプレーを見せて欲しいと願います。ちなみにラムジーは「吉田羊」に愛称を変えてトライアル運転中となりますが、「吉田羊」のどの辺を伸ばして、どの辺をイジったら良いのか編集長自身も分かっていません(誰か良いアイデアがあったらコッソリ教えて下さい。コッソリね)。

最後にツートップは開幕戦でアベックゴールを挙げたミノルとキーちゃんのふたり。ミノルはこの試合でもゴールを決めて2戦連発となれば、サポーターの中にも「本当は童貞じゃないんじゃないの?」と思ってくれる人も出て来るかもしれません(実際には童貞です)。

 

そして最後にベンチメンバーにも触れておきましょう。この試合では遂にキュンが復帰を果たし、更には獲得が発表されたばかりのスネ夫も帯同メンバーに。先日のJuveTubeでも「Ramsey or Dybala?」と言ったお題を振らせて頂いた通り、トップ下のポジション争いにも注目。更には『待望のNo.9』として加入したスネ夫が、キーちゃん(ジャイアン)にへこへこしながらも、ミノル(のび太)には強気な態度を見せてくれるんじゃないかとの期待も高まります。

 

 

 

開幕戦を見たファンがチームに対して大きな期待を寄せる気持ちも分かりますが、とは言っても新監督1年目。例えスリーバックが崩壊して失点しても、例え直接フリーキックを42回失敗しても、例え選手が童貞だとしても、まだまだシーズンも序盤。ピルロユベントスの完成系を夢見て、全力でチームをサポートしていきましょう!

 

 

Forza Juve!

 

🆕ユベントス・ライフ~暮らしの側にユベントスを~

【最新のJuveTube動画🎥】

真面目にトップ下のポジション争いについて語っていまーす😎