【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


【Miniニュース】アッレグリはルカクに直接電話をかけている。来週の金曜日までには選手を…



 

 

 

 

【JuveFC.com】

この夏、最も紙面を賑わせているニュースであるユベントスのロメル・ルカクへの関心について、トリノのチームは引き続きチェルシーとの交渉に取り組んでいます。

ビアンコネリはカウンターパートとしてドゥシャン・ヴラホヴィッチの名前を用意しています。

しかし、セルビア人の市場価値がベルギー人よりもはるかに高いことを考えると、ブルーズはイタリアのクラブに補償をしなければなりません。

Corriere dello Sportは、ユベントスのマックス・アッレグリ監督がルカクと常に連絡を取っていると伝えています。

イタリア人監督はベルギー人ストライカーを獲得するために、30歳の選手に繰り返し電話をかけています。

同報道によると、クラブはまだチームの一員であるヴラホヴィッチを怒らせたくないため、この作戦は細心の注意を払って慎重に行われているということです。

アッレグリとしては、元マンチェスター・ユナイテッドとインテルの爆撃機が、来週の金曜日までにトリノに着陸することを望んでいます。

イタリア人監督は、セリエA開幕の1週間前にはルカクをクラブの仲間入りをさせたいと考えています。

しかし関係者が説明しているように、チェルシーはヴラホビッチ獲得のための条件を引き上げる必要があり、それにより今回の交換トレードが成立する可能性があります。

ビアンコネリのファンに関しては、その大多数が今回の取り引きについて否定的です。

ファンは、かつてユベントスではプレーしないと固く誓ったストライカーと交換するよりも、新進気鋭のセルビア人爆撃機を維持することを望んでいます。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

もしこのニュースが本当であれば、Maji寄りのMajiでキンタとクーちゃんの交換トレードが進むかもしれず、KAT-TUNの中丸雄一がユベンティーニだったら「まじっすか!」と口にしたに違いありません。

キンタがユベントス残留を希望しているというニュースも届いていますが、最終的にはヒロシの「そんなの関係ねぇ(by よしお風に)」で話は一気に進むことに。

今後のハゲ頭の動向にも、注目したいと思います。