ユベントス、今シーズンのチームを主役となるキエーザに契約延長を打診か!そこには契約解除条項も…

 

 

 

 

【JuveFC.com】

前回の移籍期間中にヨーロッパのトップクラブから関心を集めたフェデリコ・キエーザは、ユベントスを離れる可能性がありました。

しかし合意に達することはできず、その後彼は今シーズンのユベントスの計画において重要な人物となり、ビアンコネリはキエーザのチームへの継続的な貢献に大きな期待を寄せています。

キエーザとユベントスとの既存契約は2025年までとなっており、クラブは契約をさらに延長する考えを持っています。

キエーザは長期にわたる負傷を抱えていたにもかかわらず、ベストフォームに戻る兆しを見せており、クラブ内では延長についての議論も浮上しています。

Calciomercato.comの報道によると、キエーザとクラブは契約に解除条項を盛り込むことに前向きだということです。

契約解除条項は正式には明らかにされないかもしれませんが、ユベントスは一定額の提示があれば退団に同意するだろうと報じられています。

この取り決めにより、キエーザとクラブの双方に柔軟性がもたらされ、彼のパフォーマンスに関係なく将来が保証されると同時に、特定のオファーが実現した場合には移籍の可能性も模索することが可能となります。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

3-5-2のウィングバックはやりたくないとか、アッレグリと不仲だとか、アケミちゃんがお店を辞めたからトリノにいる意味がないとか(実際には1週間ほど帰省していただけでした)、色々なことが言われたキー坊ですが、今シーズンもユベントスの一員としてプレーすることが決定。

まぁ、当たり前田吟といえば前田吟ですし、当たり前田敦子といえば前田敦子ですし、当たり前田耕陽といえばTime Zone。

何にしてもキー坊を放出するなんてあってはならない事。

今シーズンも、素人童貞だけどプレーはボーボー、それはすなわちキーボーボーとなって、得点に絡むこと間違いなし。

更には、新加入のイソップとの「シン童貞コンビ」で、左サイドを切り裂くことを期待したいと思います。


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...