【Miniニュース】ヴラホヴィッチはPSGから寄せられた関心に惹かれている。ユベントスの対応は…



ユーべとセリエAのニュースを読むなら
ユベントス速報セリエA速報


 

 

 

 

【JuveFC.com】

もう誰もが知っているように、ユベントスは夏の移籍市場を通じて、ドゥシャン・ヴラホヴィッチへのオファーを受け入れる用意があります。

23歳の彼は、2022/23シーズンの厳しいシーズンを戦い抜いた後、依然として幾つかのクラブから注目を集めています。

今週初めに報じたように、パリ・サンジェルマンはキリアン・エムバペがフランスの首都を離れることになった場合に備え、後任候補としてブラホヴィッチをリストアップしました。

この話を最初に明らかにしたのは、イタリア人ジャーナリスト、アルフレッド・ペドゥーラ氏です。

同ジャーナリストは、セルビア人選手はこの提案に惹かれ、PSGへの移籍に賛成しており、両クラブはすでに対話を開始していると伝えています。

しかし、ビアンコネリ側は具体的なオファーを待っているところです。

セリエAの巨人はストライカーの価値を7000万ユーロから7500万ユーロに設定しており、オールド・レディはローンのオファーを受け入れるつもりはありません。

同紙は、バイエルン・ミュンヘンがトッテナムのスター、ハリー・ケインとの契約に傾いている一方で、チェルシーは依然としてセンターフォワードを求めていると付け加えています。

ブラホヴィッチはフィオレンティーナでの輝かしい活躍を経て、2022年1月にユベントスに加入しました。

しかし、コンディション不良やクラブ内の問題により、トリノでのパフォーマンスは賞賛されていません。

セルビア人選手は安定してゴールを決めることができず、何度かイライラを募らせていました。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

 

<ご案内>

タイトルの頭に【Miniユース】と付いている記事については、「編集長ミツひと言」が非常に短いものになることを、改めてお伝えさせて頂きます。

 

 

【編集長ミツひと言】

実際にキンタがPSG移籍に前向きかどうかは分かりませんが、現時点で言えることは「両クラブ間でまだ合意に至っていない」、それはすなわち「キンタマだ早い」ってことであります。

 

とりあえずエムバペの出方を待ちましょ。


(記事終わり)


ユーべとセリエAのニュースを読むなら
ユベントス速報セリエA速報


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...