【ユベントスマガジン】

【編集長のズバリひと言に注目!】


【Miniニュース】リヒトシュタイナーの再来か!ユベントス、スペツィアのホルム獲得なるか



 

 

 

 

【JuveFC.com】

クラブはすでにティモシー・ウェアと契約していますが、ユベントスはまだ右サイドに若手選手を加える可能性があります。

周知のとおり、フアン・クアドラードはすでにクラブとの8年間の協力関係に終止符を打ち、ピッチの右サイドに大きな穴を残しました。

そのため、La Domenica Sportivaによれば、ユベントスは依然としてスペツィアのエミル・ホルムに注目しているということです。

リグーリア人はプレーオフでエラス・ヴェローナに劇的な敗北を喫し、昨シーズンの終わりにセリエへ降格することが決まりました。

したがって、スペツィアは経費を削減するために、価値のある選手の一部を売却して、現金を集めようとしていると伝えられています。

同関係者は、ユベントスが今週中に500万ユーロか600万ユーロ相当の移籍金を基に、ホルム獲得に動き出すと予想していています。

しかし、スペツィアはその金額には納得せず、ボーナスを含めて1000万ユーロ程度のオファーを求めています。

したがって、両クラブがスウェーデン人ウイングバックのユーベ移籍に関して、交渉はこれから始まることになります。

23歳の彼は、デンマークのソンダーイスケで短期間過ごした後、2021年にスペツィアに加入しました。スペツィアとの現在の契約は2026年まで残っています。

勤勉で速く、粘り強いホルムは、元ユベントスの右サイドバック、ステファン・リヒトシュタイナーの生まれ変わりのようです。

彼は、引退したスイスのスターと同じ決意を持った外観と真面目なアプローチを持ち合わせています。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

ホルムは決してテクニカルなサイドバックではありませんが、球際で頑張れますし、推進力もあるので、リヒトシュタイナーと比べられるのも納得のプレースタイルの選手。

元々は見た目から「アンパンマン」の愛称を用意していましたが、プレーでもファンに対して「元気100倍」な姿勢を見せてくれそうな気がしますね。知らんけど。