【Miniニュース】センターバックの補強を考えるユベントス、ロメロの買い戻しを検討か!

 

 

 

 

【JuveFC.com】

ユベントスは現在の移籍期間中に、クリスティアン・ロメロの再獲得に興味を持っていると報じられています。

ビアンコネリは以前、ロメロの保有権を保持していたものの、アタランタに売却した後、デ・レアは彼をトッテナム・ホットスパーに移籍させました。

ロメロはその後成長を遂げ、アルゼンチン代表としてワールドカップで優勝し、イングランドサッカー界の最高のディフェンダーの一人としての地位を確立しました。

ユベントスはチームの再建を目指しているため、守備陣の強化が期待されており、アルゼンチン人ジャーナリストのガストン・エドゥル氏は、ユベントスはロメロをクラブに戻すことに熱心であると伝えています。

この報道によると、ユベントスはロメロと以前袂を分かった後、再契約を望んでいることが明らかになっています。

彼の復帰を促進するために、ユベントスは現在のディフェンダーの一部を売却し、ロメロを退団する選手の優れた後任とみなすかもしれません。

 

(JuveFC.comここまで)


 

 

 

 

 

【編集長ミツひと言】

ロメバックとなれば、ファンとしてはあまりにも心強い補強であることは間違いないのですが、気になるのは「現在のディフェンダーの一部を売却」という部分。

さて、誰を指しているのか。

オジーロは契約を更新したばかりですし、ポヌッチは年齢的にも年俸面でも他クラブへの移籍が難しいのが現状。そして成長著しいガッツさん放出は考えづらく、となると…

 

 

 

 

揉太郎ですかね!

 

 

 

しゃーない!

 

「編集長、現実逃避はやめて下さい」というツッコミは一切お受けしませんので、予めご了承ください。

 

 


(記事終わり)


【最新のユベントスマガジン】


ダニーロ不在の穴を埋めるのは?

View Results

読み込み中 ... 読み込み中 ...