【ななめ読み】ロカテッリ獲得に向けて最終コーナーへ!今週中にもユベントスはサッスオーロと会談!

ロカテッリ獲得に向けて最終コーナーへ!今週中にもユベントスはサッスオーロと会談!

カルネバーリ on Gazzetta

ロカテッリに関して、現時点で正式なオファーが届いているのは海外のチームからだけです。数日のうちにユベントスとは会談の場を持つ予定ですが、話し合うのはロカテッリについてだけではなく、若手選手もお題として挙がるでしょう。

 

すでに「ドルトムントやトッテナムと言ったチームが興味を示している」と言われているロカテッリですが、このカルネバーリさん(サッスオーロCEO)のコメントがそれを裏付けるものになっているかもしれません。しかしご存知の通りロカテッリ自身は「ユベントスへの移籍が最優先」と口にしているとも伝えられており、あとはサッスオーロの要求額にいかに近付ける事が出来るかどうか。

恐らく移籍金は4000万ユーロで、ユベントスが準備できる現金は3000万ユーロ。その穴を埋めるべく噂に挙がるドラグシンを交渉の一部に織り交ぜるのか、それともアニェッリえもんの不思議なポッケから1000万ユーロを工面するのか、はたまた「値引きしてやねん」「お金ないねん」「頼むねん」「元アヤックスの背番号10はヤーリ・リトマネン」と減額を交渉するのか。

何にしても来シーズンのユベントスにとって必要な選手である事は間違いなく、ケルビーニの手腕に期待したい所でありますねん。

 

 

アレックス・サンドロは残留確定へ

SKY

アレックス・サンドロの処遇について、アッレグリは首脳陣と話し合いの場を持ち、新シーズンも残留させる事を決めた。

 

アレックス・ケンさん、30歳。年齢的な部分を鑑みても、『いつ出すの!?』「今でしょ!」て感じになっていましたが、どうやら来シーズンもユベントスのユニフォームを纏う事が決定した模様。

今シーズンは序盤の怪我、そして中盤でのコロナウィルス感染により出場機会が限られたものの、しかし出場した際には引き続き安定感あるプレーを披露。更に第32節のパルマ戦ではドッピエッタを記録し、得点力がある事も証明してくれました。来シーズンは『アレックストライカー』として、得点王を目指して欲しいと願います。

 

 

ラムジーはアーセナル帰還を望んでいる

Nicola Balice

ラムジーはアーセナルに戻る事を望んでおり、その為には減給さえも受け入れるつもりだ。ユベントスはそれを実現する為に動いているが、最も現実的な解決方法は「交換トレード」になるだろう。

 

ユベントス加入後の2シーズンにおいて、ともに怪我に泣いた印象のある吉田さん。ファンからも「怪我がち」と揶揄される事が多かったですが、しかしアーセナル時代のプレーを目にしていれば、吉田さんの実力がこんなものじゃない事は誰もが認識するはず。

年齢的にもまだ30歳。出戻りの形になりますがグーナーは恐らく快く迎えてくれると思いますので、出戻りの形になりますがグーナーは恐らく快く迎えてくれると思いますので(ユベンティーニとしては思い出す事件があるんじゃないかと思いましたので、同じ事ですがあえて2度言いました)、吉田さんの望む通りロンドンに戻れる事を期待します。

 

 

ベルナルデスキ:「マンチーニは情熱を与えてくれた」

ベルナルデスキ on SKY

マンチーニがイタリア代表の監督に就任した時、世間は「イタリア代表は終わった」と口にしていました。しかし彼は我々に新たな情熱を与えてくれて、イタリアに一体感をもたらせてくれたのです。

30試合連続無敗と言うのは素晴らしい記録ですが、その価値を高める為にも我々はトロフィーを掲げなくてはならないのです。

 

大会前の絶好調そのままに、グループステージで3連勝を飾ったイタリア代表。ゴロちゃんは第3節のウェールズ戦で先発出場を果たし、伸び伸びしたプレーで存在感を示しました。

その姿から「ユベントスとは別人のように生き生きしている」「やはり力のある選手」「ユベントスでプレーしているのは兄のアントニオ・ベルナルデスキじゃないの?」と言った声も挙がっておりますが、いずれにしてもヒロシ監督就任により新シーズンに向けて残留は確定的。また、変態采配が揮われる中で、力強いプレーを見せてくれるのではないかと期待が高まります。

ヒロシにしても、「あっ、そんなに改造されたら、わたしダメになっちゃう」て言わせるくらい、ゴロちゃんを改造しちゃって欲しいですな。

 

 

まとめ

松野さんのユニフォームが、パルマのオンラインショップで販売が開始された模様(r4lxさん情報より)。

2021-22のピンちゃんユニを買おうと思っていたので、どっちに小遣いをぶっこむか悩みますなー。

 

 


<ユベンティーニが作ったWebMagazine>

 

【最新のJuveTube🎥】