ザルツブルグの新星「ハーランド 」、移籍金は‘’わずか‘’2000万ユーロ!

ザルツブルグの新星「ハーランド 」、移籍金は‘’わずか‘’2000万ユーロ!

今シーズン ブレイク中のハーランド(ザルツブルグ所属)ですが、その移籍金が「契約上2000万ユーロに設定されるだあろう」と報じられています。[ネタ元:BILD]

 

19歳のノルウェー人アタッカーは、今シーズンの公式戦20試合で27ゴール(7アシスト)と目を見張る活躍を見せており、一躍ヨーロッパ移籍市場の主役に。

それもあり、ここ最近では『移籍金は1億ユーロを超える』とも言われていた中、このニュースは驚き以外の何物でもなく、これが事実であれば幾多ものクラブが獲得に乗り出す事は間違い無いでしょう。

 

そしてユベントスに話を移すと、やや高齢化が進むアタッカー陣において、例え『未知数』とは言え2000万ユーロの金額であれば、ハーランドを獲得しない理由は見つかりません。そして、マンジュキッチの移籍が決定的となったいま、身長194センチのハーランドは、チームに『空中戦』と言う武器を、蘇らせる事になります。

ハーランドに関しては兼ねてから噂の挙がっていたマンチェスター・ユナイテッドも獲得に乗り出すと言われております。

早ければ1月にもビッグクラブへの移籍が実現すると言われるハーランド 。向かうはイタリアか、それともイングランドか。今後の動向に注目しましょう。

 

まとめ

うん、欲しいね。なんなら、獲得して少しローン移籍で修行に出しても言い訳でしょ(むしろそうすべきだと思うけど)。いま逃したら、5年後には移籍金が何倍にもなってそうだしね。

ただ、いずれにしても現在の20試合27ゴールと言う記録は、『ザルツブルグだから』こその数字であり、それを額面通り受け取って大きな期待を寄せるのは余りにも危険。最初に書いた通りローンで出すなりして、時間をかけてじっくりコトコト育てる事が大切。あの、アヤックスでぶいぶい言わせてたフトシだって、イタリアの水に慣れるまでに時間が掛かってるんだから。

ハーランドは『典型的なセンターフォワード』て感じがしていいよね。て書きながら気付いたんだけど、今シーズンのユーベって、センタリングからヘッドでのゴールって少なくない?いや、むしろそんなゴールあったかね?

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版