ユベントスの鉄人 ボヌッチ:「ボクのアイドルはネスタ」

ユベントスの鉄人 ボヌッチ:「ボクのアイドルはネスタ」

今シーズン、公式戦19試合全てでフル出場を果たし、更には怪我で戦線離脱を強いられたキエッリーニに代わりキャプテンを務めるボヌッチ。その『ユベントスの鉄人』がアリアンツスタジアムで行われた、Randstad Italia主催のワークショップでインタビューに答えていましたので、その一部を紹介したいと思います。(記事元:Juventus.com※Randstad Italiaは絡んでいますが、主催かは微妙な所です。

 

ボクは年齢を重ねて32歳になったけど、その分だけ経験を積む事ができた。そして若い選手に言いたい事は「もっとベテランから色々なものを盗め」と言う事だね。アドバイスに耳を傾けるべきだ。

サッリのサッカーに関しては、いまはチームとして体現すべく調整を図っている所だ。それにはもう少し時間が掛かるだろう。

そして何よりも重要な事は‘’変化‘’を受け入れる事だろう。例え現在「快適な状態」に身を置いていたとしても、それが唯一の道ではないのだから。

これまで多くの選手の引退を見てきて、いま自分と照らし合わせている所だ。いまでは1999年、2000年生まれのプレーヤーとピッチで対峙している。ただ、ブッフォンが戻って来てくれたことで、ボクは若返る事が出来たけどね(笑)

ミランでの生活はボクに大きな変化を与えてくれたし、この上ない経験となった事は間違いない。

ボクの若い頃のアイドルはネスタさ。彼のプレーを真似したくて、何度も何度も映像を見直したよ。ボク自身、ネスタのプレースタイルに違い部分があると思っているんだ。

 

今シーズン、ディフェンスのみならずチームの命運を握る男、と言っても過言ではないであろうボヌッチ。ユベンティーニとしては、とにかく彼の怪我だけが心配です。

サッリから全幅の信頼を寄せられるだけに、今後もどれだけの休養が与えられるかは分かりませんが、ユベントスのキャプテンが怪我を負う事なくチームの為に戦い続ける姿を、ファンとして応援したいと思います。

今後の更なる活躍に注目しましょう。

 

まとめ

最後のアイドルの件は『モンテーロ、フェラーラ』の名前を出して欲しかったけど、あっさりとユベントスと何の縁の無い選手の名前を出すあたりがポヌッチであり、それこそがボヌッチがポヌッチと言われる所以なのよね。ほんとに愛らしいわ。

まー、今シーズンは不本意ながらポヌッチにおんぶに抱っこ状態になってるけど、やっぱりどこかで休ませてあげたいよね。ポヌッチ自身は何も考えずに(笑)出場し続けてるだろうけど、32歳の年齢で全試合フル出場はさすがに身体に来てるだろうし(疲れに気付いてないだけでしょう)。

 

そして家出事件とかあったけど、それはもう払拭されて完全にファンのハートを掴んだよね。だから、あとはあの事件の汚名を晴らすだけ。その為にもCLでの活躍に期待したいところです。

 

えっ、「あの事件ってどの事件か?」だって。

 

 

この事件に決まってるでしょーがー。 

 

誰か「事件名」を付けて下さい。

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版