【その気持ちは分からなくもない】2019-20シーズン第6節 vs SPAL戦 採点

2019-20シーズン第6節 vs SPAL戦 採点

 

一番右の男の子:ちっ、俺は家出オヤジかよ。

隣の女の子:それはどんマイケルね。

その左隣の男の子:でも、俺なんて野菜だぜ…。

 

 

試合の採点のコーナーの始まりが、こんなんでいいんですかね?

 

▶選手の愛称説明→(選手名鑑)(簡易版

 

松野さん 3.0

試合を支配したユベントスにおいて、ほとんど出番なし。こう言う試合こそ、パンイチになるなりして魅せて欲しかった(試合中に)。

 

クアドラマン 3.0

守備のフェーズではあれな部分も幾つがあったが、攻撃に転じた時には独特のテンポと独特のヘアスタイルでアクセントを与えた。つーか、今日はさすがに守備の意識が高かったな。ユッティからポジョション奪ってくれ。

 

ポヌッチ 3.0

全体的に安定していて面白くなかった。非常に不満。

 

フトシ 3.5

徐々にフトシらしさが前面に出てきて、信頼できる存在になって来た。あとは試合中にポヌッチを叱り飛ばして、メンバーにもファンにもディフェンスリーダーが誰かを知らしめるだけか。

 

松っちゃん 4.0

むしろ本職は芸人じゃなくて左サイドバックなんじゃないか、と思えるほど良いパフォーマンスを見せた。試合後半にはラムジーからエリア内の狭い所でボールが出て来て、お約束通り何も出来ずにボールロストしてしまったが、あの場所は『涙エリア』だと言う事を、ラムジーにも理解して欲しい所。

 

 

ナス大 3.5

ベリシャのハイパフォーマンスにより、今シーズンの初出荷はならず。しかし、中盤でのバランスの取り方とゴール前への駆け上がり、そして圧倒的なナス顔で勝利に貢献した。

 

アゴイチ 4.0

素晴らしいゲームメークと圧巻のゴールで、サイドバックがテッテレって不安のあるチームにおいて、試合に落ち着きを与えた。こうなったら、とりあえずユッティの給料の半分と、オジーロの給料の2/3をアゴイチにあげちゃおう!

 

ラビ彦 2.5

チームが良い流れの中で、ひとりだけその波に乗り切れなかったイメージが残った。当面の間は、存在感が薄い部分をラビ代を登場させて補う手もあるが。

 

ラムジー 3.5

ここ2試合、ラムジーの良さが前面に出ており、ファンからは『これでコスタが戻ってきたら、どうなるんだ』との心配が挙がるほど。からのー「ここで怪我してズッコケー」にはお気を付け下さい。

 

ロナ王 4.0

個人的にはキュンとのチョコマカ系ツートップという事で、真ん中がぽっかりスエットになるんじゃないかと心配したが、ラムジーを加えた3人の連動により見事なハーモニーを奏でた。それより何よりゴールよりもフリーキックをキュンに譲った事を評価して採点は4.0。

 

キュン 3.5

このシステム結構ハマってるし、あとはゴール決めてキュンガール(ズ)を濡らすだけっしょ。キュンのゴールが先か、キュンガール(ズ)が我慢できずに漏らすのが先か、はたまた秋ナス大の出荷が先か。10月は何よりもこの部分に注目です。

 

 

 

注目するかっ!

 

 

でもこんな顔されたら、注目せざるを得ないよね…。

 

 

ナスJ 3.0

CL選手登録問題によりゴダゴダした部分はあったが、この試合の出場により新規一ナスしてチームの勝利の為に、持ち前のキン魂を前面に出して戦って欲しい。

 

 

 

Fly High ナスJ!

 

 

五郎スキー 3.0

ラムジーに代わって出場となったので、ツートップに入ってキュンがトップ下に落ちるのか、それともそのままトップ下に入るのかを注目したが、トップ下での出場となった。まだまだ『チームに貢献している』と言えるレベルではないが、今シーズンはカピカピってるであろうゴロギャル(ズ)の為にも頑張って欲しい。

 

主任 3.5

2点目のロナ王のゴールは主任のディフェンスから。この試合はプレマッチを含めた全ての試合の中で、1番主任の良さが出ていた。ただ、昨シーズンは第5節で初イエローもらってるから、その部分で言えば少し物足りないかな。

 

 

今日の山下

 

ブラジルのみなさーん

 

聞こえますかーーー!