【ブッフォンの一問一答や、ビリンデッリの生意気なコメントとか】2018年10月11日の月刊ユベントスNews

2018年10月11日の月刊ユベントスNews

俺たちの松野さんが、インスタかなんかの企画でファンからの質問に答えたので取り上げました。ちょい長なので、このくだりは記事の後半にて。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑逆引き選手名鑑)


 

King of 偽者

偽アレとしてユベンティーニに愛されたビリンデッリが、同じ右サイドバックの慎吾ちゃんに関してビリりました。

カンセロに関してはシーズン開幕当時は疑念を抱いていたんだ。でも、その考えはすぐに変わった。今では彼のボールテクニックやその素質に疑いの余地はないよ。ディフェンスに若干の難があったけど、この2ヵ月で急激に上達したね。

彼は自信に満ち溢れているし、まるで何年もユベントスに在籍しているかのようだ。ユベントスと言うチームにもあっと言う間に馴染んだしね。彼の世界有数の右サイドバックだと言えるだろう。

 

たいした男ではありませんが、同じく脇役のサライエ太とコンビでこんなん決めた事もあります。オールドユベンティーニの間では結構語り継がれるシーンでもありますが、たいした男ではありません。

 

 

 

ホンモノスキーだけど

ウクライナ戦に臨むイタリア代表ですが、五郎スキーが「false 9」と言うポジションでスタメン出場するようです。

んで、「false 9ってなんですのん?」って思って調べたら、いわゆる「ゼロトップシステムのワントップ」っつーことみたいだね。「false」が「偽」っつー意味なんで「偽りのセンターフォワード」みたいな捉え方のようですが、一昔前のローマでトッティが担ってたポジションですな。

 

まぁ偽だろうが何だろうが今シーズンの五郎スキーはモノホンの五郎なんで、ウクライナであろうが誰であろうが五郎スキーは止められんわ!

 

 

ポヌタビュー

ポヌッチが何かのインタビューに答えていました。

ボクがユベントスを離れた事は間違いだった。ユベントスのユニフォームを着てこそ、自分の良さを表現できる事に気付いたんだ。それでもユベントスに戻ってくることが出来て、とてもラッキーだったと思っている。代理人とアニエッリには感謝しているよ。

 

感謝する前にカル太郎とプリンに謝意を示してくれ。

 

 

太郎~太郎~太郎~

レアル・マドリーからバイエルンにレンタル移籍しているハメス・ロドリゲスですが、レンタル期間の2年が終わる今シーズン終了後にユベントスが獲得に乗り出す、と言う噂が出ているようです。

 

バイエルンの買取オプション付きなので信憑性は低いと思いますが、念のために「ユーべに加入した際には愛称は‘’ハメ太郎‘’になるからな」と言う事だけはお伝えしておこうと思います。カルダーラもカル太郎だったしね。

 

 

似てるっしょ

来夏にPSGとの契約が切れる事により去就が注目される「ディ・コビトズカン」ですが、‘’FTB(フリー・トランスファー・ブランド)大好きユベントス‘’が接触しているとかしていないとか言われております。

 

「ちょっと考えづらいよなー」と思いながらも代理人が慎吾ちゃん、ロナ王と同じメンデスなんで、100%否定はできませんけどね。つーか、これ以上はレフティいらんだろ。

 

 

 

あえてね。

 

 

松野さん一問一答

松野さんが多分インスタグラムか何かを使って、ファンからの質問に答えたりしていたようなので紹介させて頂きます。

 

—最も熱狂的なスタジアムはどこ?

何と言ってもリバプールの本拠地であるアンフィールドだね。加えてグラスゴー・レンジャーズとフェネルバフチェのホームも特別だ。そこでプレーしたならば、ホームの雰囲気にのまれて最初の15~20分は集中を欠いてしまうだろう。

 

—忘れられない試合は?

まずはパルマ時代にミランを相手にデビューを果たした試合だね。他にも(同じくパルマ時代に)UEFAカップやコッパイタリア、スーペル・コッパを獲った試合は忘れられないね。

ユベントスでは2003年に準決勝でレアル・マドリーに勝った試合だ。そして、昨シーズンのレアル・マドリーとの試合も無視することはできないだろう。まるで夢の中にいるような試合だった。我々は情熱に満ち溢れていたが、ファーストレグを0-3で敗れた我々に対して周囲は厳しいと感じていた。終わり方は決してベストだったとは言えないが、素晴らしい戦いを見せることが出来たのは確かだ。

 

—これまでのベストゲームは?

どの大会でも決勝は特別なものだ。しかし、その中でもひとつを挙げるとするなら、2006年のドイツワールドカップ決勝だろう(PK戦の上フランスに勝利)。

 

—これまでのベストセーブは?

「イタリア対パラグアイ」「パルマ時代にインテルと戦いレコバのシュートを防いだプレー」「イタリア代表としてドイツと戦い、ポドルスキのシュートを止めたシーン」、この3つだ。(※パラグアイとの試合に関してはどのプレーか不明)

 

—フランスでの新しい生活は?

色々なものに興味が湧くし、魅力的なものが多いよ。

 

—現在、ユベントスのメンバーとの関係は?

キエッリーニ、ボヌッチ、バルザーリとは連絡を取っている。ユベントスでも代表でも多くの時間を共にした戦友であり、親友であり、そして尊敬できる人物でもあるんだ。

 

—グローブを外す時期は考えていますか?

正直に言って何も決めていないよ。もう少しフットボールの世界に身を置きたいし、ボクの経験が何かしら役に立つと信じているんだ。

 


こんな企画があったのを知っていれば、「いつPSGで脱ぐんですか?」って聞いたんだけどね。

 

 

 

まとめ

ロナ王効果もあってか有名選手の噂が出るのは嬉しいですが、月ユベとしてはゴディンが欲しいです。

 

ユベントスにいるべき選手だと感じています。