【まだその域には達していない】2018-19シーズン第29節 vs エンポリ戦 採点

2018-19シーズン第29節 vs エンポリ戦 採点

ここにユッティがビブス姿で来てたらホンモノだったんだけどね。まだ、ピンちゃんの域には達していないと言うことですな。

 

選手の愛称が分からない方はこちらを参照→(選手名鑑愛称説明逆引き選手名鑑)


 

コブタニー 3.0

慎吾が深い位置でシャレオツかましてボール取られた時のコブタンではないかと推測します。

 

慎吾 3.0

結構エゲツないドリブルかましてたけど、最後のクロスがイマイチでした。って優香、本当に深い位置で変な事するの止めて下さい。日曜日の朝から不安な気持ちになりたくないです。

 

アゴーニ 3.0

緊張感ある試合展開の中で、そこそこ頑張っていたんで川喝さんにdisられずに済みました。でも、もうちょっと相手の楔のパスにはガッツリ行ってくれや。

 

ロボ 4.0

いやー、目立ってはいなかったけどロボのディフェンス安定してたねー。あとは4年に一度(オリンピックイヤーのみ)見れる正確なロングフィードでスズキーンのゴールをお膳立て。もしかしたら右サイド狙ったのに、正確に蹴り誤って左方向にたまたま行ったのかもしれんけど。でも「正確に蹴り誤る」ってどう言う表現なんでしょうね?

 

ドンキー 2.5

最近低調なパフォーマンスが続いてるんで、これなら翼の生えた妖精さんの方がいいんじゃないかなー、なんて思っています。

 

主任 2.5

キュンの負傷により急遽出場、しかも右サイドを任されたので「川喝さんももう少し手加減してくれてもいいのになぁ」って思いました。

 

ナスJ 3.0

シーズンも終盤に迎える頃にはなってしまいましたが、わたくし編集長はナスJの魅力に気づき、そしてすっかり魅了されてしまいました。ナスJのちょっと不器用だけど一生懸命なプレーや姿勢が大好きです。来シーズンは背番号23のユニフォームを買います。いや、買いません。

 

アゴ先輩 3.0

深い位置で結構えげつないパス寄こされていたけど、シレっと捌いていて素敵でした。こんなスマートなプレーするひとが代表では一発レッドですから、世の中分からないですよねー。

 

松ちゃん 3.0

本当は採点2.5くらいなんだけど、さすがに疲れてきたと思うので温情で3.0にしました。

 

五郎スキー 3.0

決定的な仕事は出来なかったけど、コンディションが良いのは分かりました。「右の五郎スキーが中に入れたボールを布袋が利き足の頭で合わせてゴール」、アヤックス戦はこれで1点欲しいね。

 

布袋 3.0

中盤4人が全員ボランチだったと言う事もあり、前線で五郎スキーと孤立する場面もしばしば。BOØWYで言えば、氷室抜きの状態で布袋と松井でセッションしてるようなもんだから、そりゃ見せ場もないよね。

 

つーか、BOØWY知らない人も多いよね。。。

 

妖精さん 3.0

背中の羽根で人間界でも羽ばたき始めました。

 

スズキーン 4.0

確かにこの試合のヒーローだけど、あの2点目のチャンスを決めてこそ本物だよ。あの場面はロナ王だったら絶対に決めているし、チンピラーロだったら絶対にシュートまで行ってないから。

 

ダレデス 5.0

出てきてすぐにファールするわ、味方選手なぎ倒すわでサイコーでした!

 

 

 

まとめ

ニューヨーク!ニューヨーク!

 

スポンサーリンク