ユベントス、ブレーメル移籍となった場合、ウォルフスブルクのマクサンス・ラクロワに注目か!今シーズンは3度に渡り…



 

【JuveFC.com】

ユベントスは、ブレーメルがチームを離れた場合に備えて、ウォルフスブルクのディフェンダー、マクサンス・ラクロワに目をつけていると報じられています。

ブレーメルは、2022年夏にトリノからライバルチームに移籍して以来、ビアンコネリの後方で堅固な地位を確立しています。

しかし、その実力はヨーロッパ中のトップチームの関心を引きつけ、その中でもマンチェスター・ユナイテッドが彼のサインを確保するために約6000万ユーロを投じる意向があるとされています。

これにより、イタリアの巨人はディフェンスラインに大きなギャップを残し、新しいディフェンダーの到着が必要となります。

 

 

リッカルド・カラフィオーリがクラブの優先される移籍ターゲットとして浮上していますが、クラブは彼を左利きのアレックス・サンドロの代わりと見なしています。

したがって、ブレーメルの潜在的な去り行く隙間を埋めるために別のプロフィールが必要とされます。

Tuttosportが伝えるところによれば、ユベントスはブレーメル移籍に備えて、ウォルフスブルクのラクロワ獲得を目指すことになるでしょう。

フランス人センターバックはソショーのユースプロダクトであり、2020年以来、ウォルフスブルクで成長を遂げています。

しかしラクロワは所属クラブとの契約が2025年に満了となることにより、今年の夏に割引価格で利用可能になるかもしれません。

この24歳の選手は右利きであり、後方で威圧的な存在感を示します。言い換えれば、彼はブレーメルと似た特性を持っています。

今シーズン、ラクロワはブンデスリーガで25試合に出場し、4ゴールと1アシストを記録しました。

しかし、彼は別の才能も持ち合わせており、今年は3回の退場処分を受け、そのうちの2回は一発レッドカードを提示されています。

 

↓↓↓編集長ミツの一言は次のページへ↓↓↓