SKY「ラビオはユーロ開幕前に自身の去就を明確にしたいと考えている。それにはアッレグリの去就を…」



 

【SKY】

アドリアン・ラビオは、シーズン終了時に彼の契約が満了することを考慮し、夏のユーロが始まる前にこの問題を明確にしたいと考えています。29歳のフランス人選手は重要な契約を望んでいます。

ユベントスは彼の母親で代理人である彼女との接触を決して失っていません。しかし、成長令に関する問題が残っています。

ラビオは、彼がアレッグリとの密接な関係を築いているため、監督人事について早く知りたいと考えています。

後任であると見込まれるモッタは、PSG時代の同僚となります。

 

ユベントスの最終節が5月26日で、ユーロ開幕が日本時間の6月15日。

それまでの20日間のうちにラビちゃんは自身の去就を決めたいと考えているようですが、逆にそれまでにユベントスの監督人事が決まるかどうか。

タイミング的には何とも言えないので、もし固まってなかったとしても、ジュンちゃんにラビ代をマグナムってもらうなりして、早期に契約延長を勝ち取って頂きたいと存じます。

でも、選手の契約延長を進める上で「マグナム」って関係あるんですかね。知らんけど。